自死への差別問題は根深い

Spotted-bellflower_01.jpg

   「自殺総合対策大綱」の見直しが始まっている
全国自死遺族連絡会を入れないで委員は決まっていた・・が 抗議して参画できた

 今月27日も開催される

  賃貸物件内での自死の賠償金や改修工事費・お祓い料金の問題は
   根深い

  泣き寝入りして支払ってきた・・今も支払っている遺族が多くいる

     それでは  負の連鎖は続く
    どこかで誰かが  止めなければならない

   しかし それが 弁護士たちの美味しい収入源になってしまうこともある

     どこでどのようにしたら  食い止められるのか

        ・・・・・こんなことをいつも考えてきた・・今も考え続けている

      こんな時・・東京に住んでいたらと思う

          が 仙台に住んでいるんだから このままで何とかしなければと思う

自死への差別と偏見が
     民法・商法・健康保険法・宅建法・・・・等々  存在することが問題なのである

          国が「社会的に追い込まれた末の死である」と基本法に定め
   大綱にも示している・・・のに・・・もかかわらず

      差別と偏見の問題は何の対策もできていません

        ただ  この問題がようやく表舞台に出た!ということだけは事実です

   自死遺族支援者という人たちの  食い物にされるか・・・
        本当の意味での 改革につながるか

      頑張ります

    
野田先生の論談

日本社会は毎年3万人ほどの老若男女を死に追い込んできた
ところが故人を苦しめただけでなく
亡くなった後
遺族を更に追い詰める社会であることを 知っておられるだろうか

:::::::
 ::::

亡くなった人がなぜ死ななければならなかったのか
そして
遺族はどんな社会的、経済的負荷をかけられているのか・・・

 
亡くなった人の悲苦を想うよりも
   自死を穢れた死とする慣習が」どれだけ遺族を苦しめているのか・・・


わたしたちの社会は 亡くなった人に対してだけでなく
遺族に対しても あまりに理不尽である

せめて遺族への負荷を少しでも減らすことで

故人に「安らかに」と
 手を合わせられる社会に変わっていこうではないか


このような内容を書いてくださっています

スポンサーサイト

知らないほうがいいのかな・・・

3132896.jpg

自死遺族支援というものがある、という事すら知らない遺族もいる

自死遺族支援のために、ということで多額の税金が投入されていることも多くの遺族は知らない

  当事者である自死遺族には知らされないままに
      支援は決められケアは決められ
         税金が使われ   差別や偏見の言葉であふれていることも
     亡くなった愛する家族のことも
        ひどい言葉でさげすまれていることを
   多くの遺族は知らない

     知らないほうがいいのかもしれない

  知らない間に  税金が使われ
  いつの間にか  助けられたことになっていたり
       支援されたことになっていたりもする
また
   ネットにも書かれていたりもする

     知らないでいいのだろうか

    傷つくことが少なくて済むから 知らないほうがいいのかもしれない・・が

      いいのかな・・・・

  私は知ってしまった
    ど真ん中で活動をしている
     自死した人たちや自死遺族への ことばにもしたくない差別

      低階層の人たちの問題だといわれている
          同じ自死でも  
自分たちの自死は 他の人たちの自死とは違うという意識を持っている団体もある

  同じ自死遺族の中での差別もある

ましてや
   自死という事に関心を持ち
     支援者になっている人たちは

        貧しい人たち 教養のない人たち
          親子代々 知識がなく 貧困にあえぐ人たち

文字も読めない  挨拶もできない

      活動なんて・・・・とんでもない

    そんな概念をもって接している

 言わないだけ


 私は 許せない

      同じ遺族同士は 蔑まず

   社会では毅然と 凛と
   生きたいと思っている

       息子は懸命に働き 逝った
わたしたちも
   普通に働いてきたし 今も夫も次男も働いている

    文字も読める

      活動して11年

    あからさまに 蔑む人はいなくなった
 がしかし
   言葉の端々に 差別の心が現れる

      自死というだけで 差別する風潮をなくしたい
       
社会が追い込んで  死んで逝った人たちを
   亡くなった後まで 蔑み追い込み

逝った人だけでは足りなくて
遺された遺族まで
      さげすみ 差別され 陰で酷いことを言われ 追い込まれる社会

         苦しんで逝った息子がさげすまれるのは許されない

       どうしたら  いいのだろう

   生きているうちに  もう少し なんとかしたい

thVD5YKAS4.jpg

本末転倒の対策~そろそろ気が付いてください

6ff05701683620dfda07209339aeae75-480x320.jpg

新聞やテレビでよく見る「心のケア」
 福島の自治体職員の自死者9人
時間外勤務が月平均31時間以上
 200時間の時間外勤務も2人

全体の59パーセントは精神薬を飲んでいた

    時間外勤務が200時間~
それはもう完全に人手不足
   アルバイトやパートも含めて 人手を増やすことが先決のはず

なのに なぜ 勤務体制はそのままにして
   精神科の通院を勧めて
     9人も死なせているのだろうか

   休みが取れない状態が続き~
   休んでも 仕事が溜まるだけ~
      休むと仕事がたまり~休まずに働くしかない・・

   休まないで 精神薬を飲むと・・・だるくなる
    能率が下がる~~~また仕事が溜まる

  そもそも  仕事の量が ひとりでは無理なことを理解しない上司や組織はアウトです

  心のケアが必要でない  職場の環境作りが最優先されなければならない

       心のケアにお金をかけるなら

    人手を増やす方が優先

    それが 全ての人が幸せになれる

       人員にはお金をかけるべきです

   ゲートキーパーにお金をかけるなら

   人手を増やすことです

その多くは故意の死ではない



 自殺=故意の死ではない

法的解釈においては
「意思無能力者、精神病その他精神障害中または心身喪失中の自殺は
   故意に自己の生命を断つ意識はないから自殺にあたらない」とされている
従来から
外形的な事実は自殺であっても 「自由な意思決定をすることができない状態で自死した場合」には
「故意」がないとして「自殺」には該当しないとされてきた。

心理的剖検の成果

大部分の自死が自由な意思決定に基づく行為ではなく
 様々な事情によって「追い込まれた末の死」であること、
更には自死という行為に及ぶ最後の段階では
  何らかの精神疾患の影響を受けていることを明らかにしている


内閣府が発行した「自殺こころの病」との関係について
 96パーセントの高率で何らかの精神疾患を抱えていたという外国の文献を引用したうえで
 我が国の場合 75パーセント程度は
何らかの精神障害があるという研究を紹介している

しかし
58.3パーセントの国民は
「自殺は覚悟の上の行為である」という
  事実に即さない意識を持っていると発表している

精神医学上の所見は国会における審議でも事実として取り上げられています
「自殺は自由な意思決定の元に行われる」という見方は
  現在では否定されています

現在は「追い込まれた末の死である」
(自由な意思決定のもとでの死ではない)
という見方が原則で
  故意による自死は例外として扱うべき状況なのです

いじめやパワハラ・・身勝手な社会

sanyasouten_mein.jpg

自死

「死人に口なし」という言葉

自死した人がいじめやパワハラの被害にあっていた
という証言をすることはできません

生きていれば いじめやパワハラ等の実態を訴えられる

 自死の多くは遺書もない

メールやラインにメッセージが残されている事があるが
 本人死亡の現実は高い壁となる

 いじめやパワハラ等の加害者は生きての証言となる

  社会・ましてや裁判では
       自死した人のメッセージよりも
生きている人の言葉が優先されていく

  人の死に対してきちんと向き合わない社会
    裁判所も同じ

事実の隠ぺいと 立証責任に基づく請求の棄却
(立証責任は遺族にある)

  自死の基本法はでき・・対策に国費がつぎ込まれ
   様々な事業が行われています

しかし 本当の自死の対策とは何でしょう
  自死の原因が究明されること
     いじめがあるなら いじめをなくする対策
 パワハラがあるなら パワハラをなくする対策

過重労働があるなら 過重労働をなくする対策

   貧困も介護も・・・債務も
全ての自死の
根本的問題の究明は手を付けず

  死んだ人に 人権はなく
     死人に口なし
生きている者だけの生きる権利守られる権利

  そして 未だ根深い 自死への偏見と差別

   自死者は 祟る・・・という概念

 祟るって・・・祟られるような悪いことを社会はしたという事になると思うが
     自分で勝手に死んで  祟るって思っている社会

自死するほど追い込み 自死したら今度は祟る・・・存在にされてしまう

  社会って なんて身勝手なのだろうか

 殺されるよりも 殺した者の勝ち
    それが社会