法話と茶話会

13692583_502921409906268_7462206099406291908_n.jpg

 阿弥陀様の教えは  愛する人との別れは苦しみであり悲しみである
              昔から かなしいという言葉は愛しいと書いて表してきた
               愛するということを消せないようにかなしみもまた消せない
        その人自身が亡き人を愛している気持ちは何人たりとも消してはいけない
      阿弥陀様は かなしみは消えないがかなしみを抱えたまま・・どのように生きて行ったらいいのか
          その教えを説いている
  その教えを伝えるのが宗教者・僧侶である
     その教えを伝えて頂き、遺族がどのようにその教えを受け止め、悲しみと向き合うのか、それはその人自身である
    グリーフケアとは真逆の教えである
       臨床宗教師というものがブームのようですが
     日々の暮らしが僧侶は臨床である・・・あえて臨床宗教師という資格を取る意味は何もない

   阿弥陀様の教え、お釈迦様の教え、法然さまの教えを真剣に深く学ぼうとしたら
  一生かかっても学びきれないものです

     心は深さで表すように 誰にも見えない 誰も図ることはできない
      心に寄り添うというが その人の深い心にはよりそえない
           一人ひとり それぞれに 深い心を持っているのですから・・・

  その人以外にはその人の かなしみも見えない わからない
      深いものですから・・・
その人自身も見えない深さがあるかもしれません

  というお話でした

   どこにいても 必ず阿弥陀様は救いとり
   極楽浄土に連れていってくださります
        どこにいても 亡くなった後は必ず極楽浄土で一緒になりますよ・・・

    そんなお話・・・

   僧侶が「おばけ」があると肯定し、マスコミでいうことや
  シンポジュウムで講演することも
      僧侶としての仕事が満足にできないということ
       葬儀の否定・・仏経の否定
      極楽浄土に 阿弥陀様が連れて行っていないということ
      本願の否定になります・・・


     お念仏を唱えること
 南無阿弥陀仏と唱える意味
        それと
  お化けと幽霊
   成仏できていない話と往生の話

 たくさんお話させていただきました

 奈良県葛城市の「西光院」さんでの法話の会でも
     たくさんお話を聞かせて頂きました

     次回は12月・・・尼崎市行きたいと思っています・・
スポンサーサイト

息子に許されて元気に生きている。



シラヒゲソウ[1]
幸せってなんだろう

   子供が死んでから 幸せという文字に嫌悪感を覚えるようになった
  楽しいとか幸せという言葉に
    心が反応する 時には吐き気が・・・
        ザワザワ・・・ゾクゾク寒気がする

   楽しみです・・・と手紙にも書かない・・書けない
        幸せです・・・という言葉は もっと書けない

      家族が死んでも 幸せと楽しいを普通に使える遺族がいる
        子供が死んでも ・・・
最近、そんな人たちの記事が新聞に掲載されていたのを読んだ

        私の幸せは子供が生きていればこそのこと。
    健一が自死して
       母親の私が どうやって幸せになるというのでしょう
           私が幸せになるには 健一が生き返るしかない

       身体の一部となった悲しみは もう取り除けない
                生き返らないから・・・

       次男はこういう「俺が結婚して 子供が産まれたとしても
            お兄ちゃんが生きていたころのような幸せにはならない」と。

     健康でいることが幸せ・・・と定義なら健康な私は 幸せというのでしょうか
  でも 健康も100パーセントの幸せではない
      心の空いた穴は大きい
       心に悲しみをどっしりと抱えたままで 健康だから 幸せ・・・というのは
             深い底なし沼のような悲しみを抱えている私には 残酷すぎる
        幸せになれないし なりたくないし なってはいけない
            と  思って生きている
    生きている事さえ 罪悪感があるので・・・
        美味しいものを食べたから幸せとは思わない
     美味しいものを食べても
   美味しいとは思うが 
    息子が生きていたころのように心底美味しいとは思わない
        美味しいものを食べても  必ずこころに深い悲しみがあることを感じている
  息子は死んでいるのに
   美味しいものを食べている自分が許せない
       許せないが美味しいと思う自分がいて罪悪感に苛まれる
         
      健康なことも美味しいものが食べられることも
         死んだ息子の許されて・・許してもらってのこと

  24時間(寝ているときも  夢でも 悲しみがある)
     心が晴れることはない
 快晴にはならない
        少しの晴れ間が見えるだけ

      でも 暗い日々を送ってはいない
     笑顔で明るく元気・・・
 明るく元気で笑顔でも 心には常に悲しみはある

     こういうふうに書くと  ネガティブな人生と思う人もいるようですが
       明るく元気で 飛び回って活動をしています

    国や県・市町村や多くの団体
       その他専門家との連携…講演や原稿書き…
           たくさんの会の開催          
       まだまだ やることがあります
         やらなければならないことが山のようにあります

 息子を死なせた親として  
        明るく元気に
              幸せでない人生で送りつづける
              幸せは感じないけど 元気だけはいっぱい 
   生きています



           

写真

F1000028.jpg


11[1]
20090524142949[1]
20130405_fd7b2d[1]
26f29dee2b[1]
img_7[1]
thumb5[1]

うつ症状は精神薬では治らない

blue3[1]

うつ病は死ぬ病気ではない
 
    と  製薬会社との癒着のない精神科医たちは主張しています。

     うつ病を発症した人の自死が多いというのは まやかし

    内因性のうつ病患者は非常に少ない

    現代版うつ病

   うつ病といわれている「原因のある抑うつ状態の人」は女性が圧倒的に多い

     自死は男性が圧倒的に多い

 女性の自死者は増えていない
   ずっと横ばい
   
     男性が圧倒的に増えている

    しかしうつ病の患者は圧倒的に少ない

     こういうと国の担当はこういう

      男性がうつ病の自覚をしていないで精神科の治療を受けていない・・・

   男性が精神科の治療を受けると自死は減る・・・と

     しかし
       自死者の8~9割は精神科の治療を受けている

         男性の自死者も精神科の治療を受けている

       最近若年層の自死が増えている

         ほとんどは精神科の治療を受けている

   児童生徒のうつ病の早期発見早期介入が言われてから
        増えてきた

     児童生徒に精神薬をのませて

     大人になっても 飲みつづけ・・・

     その結果 自死

          児童生徒時代に精神薬を飲んで
     回復して幸せに働いている人は珍しい

          飲んだら最後  ずっと一生精神薬を飲み続ける

     それが  製薬会社の目的

        少子化対策というが   子供に精神薬をのませるのを禁止した方が対策になる

   精神薬を飲み続けている女性が子供を産むのは厳しい

         精神薬を飲んでいる女性が増えているということは

       子供を産まない・…女性が増えるということ

           やっと生まれた子供に 更に精神薬をのませて

                大人になっても働くことができない

          働くことができなければ結婚も厳しい  子供も産めない

           悪循環

   昔の田舎では

 統合失調症【精神分裂病】の重度の人でも

  危害を加えたりしないひとたちは  一緒に働いていた
    畑の草取りをしたり
       田植えをしたり…・農家の手伝いをして 報酬をもらい

        普通に働いていた

   精神病院はいつもガラガラで・・・・・暇そうだった

    行くところではない・…と親に教えられた

       いつの頃からだろう・・・・・・・

    眠れない…悩みがある・・・が  精神病院に行くことになったのは・・・

             治せない…いや・・・症状が悪化する治療は受けないこと

      治るための医師に行き  悪化する

      病院とはいわない

    薬を飲んで悪化する   飲まないほうがいい

  死んだら  二度とこの世には戻れないのだから  

大人の欲望の犠牲は子供

nitinitisou_1m[1]

3月1日

今日は山形市「青い会」自死遺族の集い

   気仙沼の「つむぎの会」子供を亡くした親の集い

  夢を見ながら  絶望的な感覚に襲われた
最近多い

    とてつもなく 深い闇が私のこころを覆う

 社会への絶望感  息子の死

        自分の能力の限界の低さ

   あまりにも大きな製薬会社の力

      医師会  

 恥を知らない大人

       ずっと思っている

    ひとり一人は   そんなに悪い人ではない

    しかし、ひとりひとりの人間が作った組織に縛られて 
人間が人間を粗末にしてしまう

    人間が作った組織に人間が使われ、人間を大切にしない

    組織に心はないのだから 仕方がないのだが

     作ったのは人間なのだから

        組織の操り人形ではなく

    組織を作り直したりする人間がいてもいいと思う


     が・・・・自分の欲望のために組織を利用する人は多いが

       誰かのために  組織を使いこなす人は少ない


     テレビで昨日も(忙しくてチラッと見ただけ)発達障害のことをやっていた

   一クラス30人程度で発達障がい児が2~3人

  約1割が発達障害児

    仙台市100万都市  100万人の1割
       10万人が発達障害

        そんなことがあるのか・・・

      子供の社会  会社という社会

      医療の社会・・・・・

         名誉と利権  金金金金・・・・かね

           そして権威に弱い  

     からっぽの権威であっても  ・・・

           複雑な社会

     よくみると 単純

    物事を単純にみると  矛盾が見えてくる

  大人の欲望のために子供を犠牲にしている社会
      
         真実をみようとしない大人

    見てみないふりをしている大人

        そんなことを 知る機会が多い日々

     こころが
       潰れそうになる

    ・・・・・・・・・

 頑張ります・……這いつくばっても・・・