頑張ります。

0805300057.jpg

   11年前に「自助グループ」という名称も知らず
 遺族だけで集う「わかちあい」の会に拘って立ち上げた

   それは 支援者がいる会に参加した後に
遺族だけでファミレスでお茶しながら話した経験が居心地がよかったのと

 そもそも最初に探したのは 自死遺族だけでのわかちあいの会だったから・・

   次男が懸命に探したが 当時は自死遺族当事者だけの集いで公開されてる会はなかった
    クローズの会と不定期に開催される連絡先もわからない会があっただけ

他は全て支援者の会だけだった

    たった一人で ボールペンとマジックペンでチラシを作り
        藍の会を立ち上げた
 マスコミへの取材の依頼も 手紙で・・・

    広報に力を注いだ

   藍の会は一気に全国に広報された

      いろんな相談をされて
なんとかしたいと思い 様々なつながりの人に連絡をして教えてもらい
   つなげてもらい
 一人ひとり・・・つながり・・・連携してもらってきた

    言葉に表せないような 扱いを受け
        利用され
 騙され  差別を受け バカにされ きちがいとまで言われ
      文字や文章も読むことができない人扱いされ
 
     蔑まれ

    そのつど 潰されてたまるか!

   私への態度や言動は 自死した息子への蔑みなのだと・・
    叩かれ踏まれ
      泥をかけられ
          蹴られ・・・ながら  

いつか 認めさせてやる!
そんな思いで 闘ってきた11年・・12年目になります

   自死への蔑み  
活動している事への妬み

    そんな日々の中でも

   一緒に歩いてくれる遺族がいて
      様々な専門家もいて
行政マンや マスコミもいて

   支えてもらい  今があります

   人はそれぞれ

支援者もそれぞれ

 医師もそれぞれ  議員もそれぞれ
  弁護士も司法書士も大学の教授も  マスコミの記者も
  様々それぞれ
   遺族のそれぞれ

 人なのです

  人品人柄 人格

    肩書ではなく  人なのです

坊さんも神父も牧師さんも尼さんもシスターも
  人・・です

  自分を磨くこと

   支援者にとって大切な事はスキルやノウハウよりも
  人柄磨き
   自分自身の人となりを深めること
 だと思っています

 そんなことを言う私は
  68歳ですが まだまだ煩悩深く未熟者です

   私の活動の原点は息子の死に顔

   忘れません

 私が受ける苦しみなんて
     息子の苦しみに比べたら なんてことはない

  らくなもんです  だって生きてるんだから
スポンサーサイト

いじめと体罰と嘘

b0122448_18351046.jpg

昨日は 宮城県議会議員たちといじめで子供を亡くしたお父さんたちとの話合い
  簡単な要望書も提出
6月の議会に向けて・・・

3人目の犠牲者が出ても尚隠ぺい体質は変わらず
  12日の市会議員の委員会で教育委員会が配布した資料には
   8回もの{SOS]が記載されていた
      そのうち半分は保護者には連絡もしていない
   いじめた子供たちへの保護者にも全く報告していないことが判明

そして昨日  教師2名が体罰を加えていた

  頻繁に頭をたたいたり  ガムテープで口をふさいで授業を受けさせたリ・・

     どんなに苦しかったかと思うと  胸がつまりそうで 痛くて
         中学生が3人死んでも  大人たちは対面ばかりを気にして
    なんとか
       子どものせい・・・にして  なんとか親のせいにしようと必死

     何人の子供たちが死ねば 反省してくれるのだろうか

       殺人者だと言っているのではない
          力不足と 間違いを認め いじめや体罰を認め 反省し
いじめはしない
いじめない
いじめは悪いことだと教え 
いじめのない学校作りを目指すことを亡くなった子供に誓ってほしい
   申し訳なかったと 亡き子供に謝罪してほしい
遺族が求めているのはそれだけ

難しいことだろうか

    いじめていいのだろうか

 注意をすることと  怒ることは違う
    怒ってしまった時はフォローが必要

   教師が子どもたちを差別し   いじめている

   それを見ている子供たちは この子の事はいじめてもいいんだと思い込む

    今回 体罰の事を告発した 子どもとその保護者の勇気と良心に感謝です

  ずっと毎日 クラスメートから集団でいじめられ
     教師からもいじめられ
   肩を怪我したり
   手首を骨折したり
  ズボンを下げられたリ

それでも 親には心配かけないように毎日学校に行っていた


    つらかったろうなぁ

3人の遺族と協力して 仙台市・宮城県から 子どもの自死は出さないように
      頑張らなければ・・と・・・

今年は息子の13回忌
      初心に戻り 頑張りたいと・・・

    

いじめ自死で亡くなった子供を個性的という言葉で侮辱している教師たち(仙台市)

E383A6E382ADE383A4E3838AE382AE110328.jpg

仙台で3人目のいじめ自死
    どうしても なんとしても なにをしても 動かない仙台市の教育機関

   いじめに対して 全く無知な教育機関

  というより  関心がない

     のんきになんとかなると思っている場合ではなくなった

    遺族とつながり  バタバタと動き

 ブログに向かい時間がなかった

    今日はこれから 東京

      日本いのちの電話の斎藤先生と会う

 1万4千件のいじめのほとんどは自分で解決している
    ~~~
    遠回しに 教育長は言っている

    自死する子供は 弱い・・・特殊だ・・と

    市議会議員の委員会でも 教育関係者は同じことを言っていた

     時々 建前で  言葉が見つかりません とか
                 なくなった子供さんをお悔やみもうしあげます・・とかいうけど

  全体的な言葉・・・答弁は

   個性的な子供・・・個性的な子供・・・と

    子供の個性に問題があったと言っている

     個性的だから 個性のない正常な子供が正しいと思い込んでいる

  からかいであっていじめではない・・と

     個性的な子供だから  からかいをいじめだと訴えていた・・と

  ケガを2度もして
      いじめられてると 泣いて訴えても
個性的な子供が勘違いしている・・と

   偏見と差別です 個性に対して・・・

      教育者たちが 子供の個性を個性としてとらえることができない現実

      個性のない正常な子供ってなんでしょうか

 個性のない正常な子供たちが  けがをさせて 集団でいじめているのに

     いじめが正常な子供のすることでしょうか

  先生たちの感覚がずれている気がします

           

年を重ねると悲しみも増えて行く

130406_キクザキイチゲ_2

お世話になった人が亡くなった

お別れ会に行こうと思う

  年を重ねると 親しい人との別れが多くなっていく

 長男の死は 胸に今も鉛を抱えているように 重たい悲しみとなって存在している
  心が快晴になることはない
笑っても 心の底が重たい
  笑いながら 胸の奥にある悲しみを感じている

   深い悲しみの穴もある

    時々 落っこちる

月日が 悲しみの落とし穴の場所を教えてくれる
  それでも
思いがけないところに 穴があったり 地雷がある

  落ちないように気を付けていたら 地雷を踏んだりする
  地雷を踏まないようにしていると  穴に落ちたり

   悲しみはいたるところに潜んでいる

      親も6人逝った
 
祖父母も・・・いとこも
   友人も 級友も 親戚の親しい人も
お世話になった人も

数多くの死という別れを体験してきた

   物心ついたときから数えたら  何十人・・いや百人・・二百人・・?

   悲しみなんて 勉強しなくても  生きているだけで悲しみがある

  親しい人との別れのない人生を送っている人っているのだろうか

   祖父母や両親との死別の体験はある程度年を重ねたら 
       ある・・と思う
  それでも

 悲しみを 本で学ぶ人たちって  理解できない

    どんなに学んでも 対岸の火事 

    机上論
         体験に勝るものはない

    体験した人は 悲しみは癒せないことを知っている
   体験した人は 悲しみは消せないことを知っている
      体験した人は 悲しみは愛だと知っている

     シドニーの自死遺族支援の会議では グリーフという言葉は聞いたけど

  グリーフケアという言葉は聞かなかった

  グリーフは ケアと結び付けていない

        悲しみは小さくならない  とも言っていた

    遺族の悲しみの考えを
   そのままに 受け入れているのが 国際的な考え方のようです

     支援者たちが 遺族の悲しみをケアしようとしていないのが 楽だった

     無理せずに ありのままで 語れる雰囲気がある

  日本の自死遺族の支援者と自負している人たちは

       どこか 上から目線を感じる

       そうでない人もいるが 少数

   私は悲しみを学ばなくてもいい
  教えてもらわなくていい

     身体の芯まで悲しみに染まっていますから

        でも 元気です!cid_6C797095-AF56-4B7E-AA99-6E456D904C26.jpg



 

子どもはずっと生きていると思っていた



a0136293_16261676.jpg

2012年11月のブログ

(2017年の今も変わらず同じ気持ちのままです)

息子を亡くした悲しみをずっと抱えて生きている・・・

一見明るく元気一杯・・・

しかし・・お兄ちゃんが亡くなってから、こころはいつも悲しみで満杯

  でも生きて行くために、こころのどこかにある小さな笑顔を、
最大限に膨らませて、満面の笑みを人には見せる

時には大げさかな・・・と思うくらい笑うこともある・・・


健一は笑顔の私が好きだったから・・・


   なぜここにあの子がいないのか・・・いまも悲しく切ない・・・

涙は枯れない・・・今もとめどなく溢れてくる


   毎日・毎日・涙が出ない日はない・・・


悲しいね・・・どうして死んでしまったのだろう

  想い出は悲しみ

悲しみは愛しさ

   

何にもしなくていいから・・・生きていて欲しかった・・・


     生きていてくれるだけで・・幸せだった


   あの日から私の幸せは消えた


いのちって・・・芽生えて育んで・・・愛しんで・・・

   大切に大切にして・・・

消えるときはあっけなく・・・


  ずっとあの子は生きているものだと信じていた・・・