楽しい学校生活が・・・苦痛になるのはなぜ・・・

thRBFX4W4F.jpg

児童生徒が自死

   調査委員会が立ち上がるケースが増えた

 親である遺族は学校に何を求めるのか・・・

     子どもは楽しく小学校に通い 家でも楽しく学校生活を語っていた
        中学に行き・・・あんなに楽しかったはずの学校に行くことが苦痛になって行き、
          徐々に学校での笑顔が消えて・・死んだ

   彼にとってそれまでは学校は楽しい場所だった
                                  
   楽しい学校生活が苦痛になった原因はなんだろうか

      友達に会える 学べる 部活ができる
        楽しかった学校

     学校に行きたい
         でも 苦痛・・・
     なぜ苦痛になったのだろうか

      小学1年からずっと苦痛で嫌々学校に行っていたのではない

       中学のあのクラスに入る前は 学校に行くことが楽しく幸せだった

    そんな子が  どうして何があったのだろうか

  何もなければ  今も楽しく学校に行っていた

      なぜ 楽しかった学校が死ぬほどの苦痛に変わったのか
       学校で何があったのか

        それを知りたい

       と 訴えたらいいと思う   

    そして
      調査委員会の冒頭に遺族の望みを訴える時間を設置してもらうべきであり
         遺族は傍聴の権利を主張するべきです

    泣き寝入りをしないこと
   やるなら 穏やかに強かに・・・権利を主張
   ・・中途半端に学校に温情を感じることはない


子供は 学校に行きたかった

    楽しかった

   学校生活がどうして 死ぬほど苦痛な場所となったのだろうか

       もともとは 楽しかった学校

     学校行きたい でもつらい
       つらいけど 行きたい

      希望を捨てず 少しでも居場所があるかもしれないと頑張って学校行き
         また苦しくなり・・・
             でも頑張って 学校に行くために頑張り
   また 苦痛を与えられ
     ・・・でも 頑張って・・・

     ピーンと張りつめた細くなってしまっていた命の糸が プツンと音を立てて切れる

        それほど追い詰めた要因は何だろうか     

     学校は楽しく学べる場所でなければならない

       大人の面子のためにあるのではない
         一部の子供の満足のためにあるのではない

   学校がたとえ一人の子供でも苦痛を与える 場所であってはならない

                   
   
スポンサーサイト

かなしみは愛 

15-9-26-14-thumbnail2.jpg

  子供を亡くして今年で12年
   今も変わらず悲しみがある
 身体から力が抜けて 息苦しく 胸からお腹にかけて締め付けられ痛くなる
    息を吸う事を忘れそうになる
そんな事が
 以前よりも少なくなった気がする
  でも 無力感に日々襲われる

 ごまかし・・騙し・・・逃げて・・・
   そんなことが上手くなっているが 事実は事実
変えられない
   愕然とする
     この世に息子がいないことが 何とも言えない
    寒々しく・・ざわめき・・・鳥肌が立つほど  
ゾクゾクし・・・切なさにスーと意識を失いそうにさえなる  

   しかし 元気にいきている

 笑顔もできる
   作り笑いだって出来る

 息子のために・・・

   元気で生きようと思っている

  供養も元気でないとできない
  いつも息子を思うのも元気でないとできない
  
  息子を亡くした私がかわいそうと思うのは自分に甘いのだと思う
     最初の頃 亡くなった息子のための涙というよりも
       息子に逝かれたさみしさ・かなしさ・・苦しさ・・で泣いていた気がする
   死んだ息子がわたしよりも悲しい
     この世にいないのだから
 あの世があるとしても 私はみたことがない
  だから私にはこの世に生きていることが幸せ
  でも息子はこの世に生きていない
   美味しいものも食べられない
    大好きな車にも乗れない
     大好きな うたも歌えない
 大好きな子供とも遊べない

    あの世で 幸せに暮らしているのかもしれないが
  私には見えない

    愚かな浅はかな俗人の私は この世に生きてこその幸せだと思っている
  だから
  逝ってしまった息子を思うとき 悲しい
 ただただ 不憫でかなしい

   亡くなった息子に 私ができる事は何だろう・・と思う

 いつも 何をしてやれるかを思う

   お花を飾ること
      仏壇をきれいにすること・・・
 好物を供えること・・
    お墓参り・・・
息子を思い出すこと・・・
後はなんだろう
    話しかけること
       息子は私の体の一部となっている

    泣いてばかりいる私を見て 息子はどう思うのだろう
     と思ったこともある

   泣きながら元気で生きている私を見て息子はどう思っているのかな

    応援してくれている息子を感じる

    どうせ生きるなら 息子のための人生を・・・

   不平不満はやめて
      自死の問題・・遺族の問題にかかわり生きて行こうと思っている
        
    息子の死から・・悲しみから・・の力

   悲しみを抱えて生きるしかないと覚悟を決めている

    少しだけでも社会のために・・・いのちを使おうと思っている

      息子への罪の償い

images.jpg

愛も悲しみも いっぱい(活動の原点)

c0144185_13455117.jpg




   支援者たちは
自死遺族の悲しみは病気だと考えている
 だから遺族になって悲しくて精神薬を飲んでいても
    否定はしない
 あ・・そうね 仕方ないわね 悲しいから精神薬を飲むのは当たり前よね・・
   とすら 思っている

  飲み続けてその人たちはどうなるのか・・・なんて 彼らには関係ない
 むしろ
 いつまでも 悲しくて苦しくて精神薬を飲んで嘆き・・会に参加してくれたほうがいい
 
   だって 会の開催時間の2時間程度のお付き合いだから
   他の時間に彼らは
  相談に応じないから

    携帯電話なんて教えることもなく
       会の開催時間以外に 電話を受けることもない

   自分達が関わる時間 話を聞くだけでいいのだから

自助グループはそうはいかない
   電話やメール 時には会って・・・
  それも頻繁に・・ということもある
 自分の携帯を教え メールアドレスも教え
     住所も教え
         会の開催時間以外のほうが関りが長い場合もある

会に一度も参加しないで
    電話やメールだけの遺族もいる

 支援者はそんなことはしない

    精神薬を飲み続けている遺族は  元気にはならない人がほとんど

     波が激しく  
            絶望感が強い

   元気になってほしいから
    うるさく言うこともある

    アドバイスを聞かずに  入院する遺族もいる

    そして 私を強い!という

強いのではない

  息子を助けられなかったから
息子への懺悔で生きている
    息子へのお詫びの生き方
   私が死んで息子が生き返るなら 私は死ぬことに迷わない
しかし
私が死んでも息子は生き返らない
  そして 私が死んだら私以上に 息子を思い出し悲しみ苦しむ人はいなくなる
 息子は忘れられていく
   忘れたくない  忘れてはいけない

   それには 私が元気で生きていなくては・・と思う
    
    自分のための人生は息子が逝ったとき終わった
     あれからは 
   息子への罪滅ぼしの人生

  ひたすらに息子のため

どんなに悲しく苦しくても
 自死という死で逝った息子の苦しみには届いていない
なぜなら  私は生きているから

   自死した健一への申し訳ない気持ちが活動の原点
     健一がなぜ自死したのか・・を考えたとき

    自死の問題と向き合うことが 息子への母親としての愛

      子どもの苦しみに比べたら  私は親だから なんてことはない
  健一を今も愛しているから
     苦しみなんて  悲しみなんて
       身体中で抱えて生きてやる!

頑張ります。

0805300057.jpg

   11年前に「自助グループ」という名称も知らず
 遺族だけで集う「わかちあい」の会に拘って立ち上げた

   それは 支援者がいる会に参加した後に
遺族だけでファミレスでお茶しながら話した経験が居心地がよかったのと

 そもそも最初に探したのは 自死遺族だけでのわかちあいの会だったから・・

   次男が懸命に探したが 当時は自死遺族当事者だけの集いで公開されてる会はなかった
    クローズの会と不定期に開催される連絡先もわからない会があっただけ

他は全て支援者の会だけだった

    たった一人で ボールペンとマジックペンでチラシを作り
        藍の会を立ち上げた
 マスコミへの取材の依頼も 手紙で・・・

    広報に力を注いだ

   藍の会は一気に全国に広報された

      いろんな相談をされて
なんとかしたいと思い 様々なつながりの人に連絡をして教えてもらい
   つなげてもらい
 一人ひとり・・・つながり・・・連携してもらってきた

    言葉に表せないような 扱いを受け
        利用され
 騙され  差別を受け バカにされ きちがいとまで言われ
      文字や文章も読むことができない人扱いされ
 
     蔑まれ

    そのつど 潰されてたまるか!

   私への態度や言動は 自死した息子への蔑みなのだと・・
    叩かれ踏まれ
      泥をかけられ
          蹴られ・・・ながら  

いつか 認めさせてやる!
そんな思いで 闘ってきた11年・・12年目になります

   自死への蔑み  
活動している事への妬み

    そんな日々の中でも

   一緒に歩いてくれる遺族がいて
      様々な専門家もいて
行政マンや マスコミもいて

   支えてもらい  今があります

   人はそれぞれ

支援者もそれぞれ

 医師もそれぞれ  議員もそれぞれ
  弁護士も司法書士も大学の教授も  マスコミの記者も
  様々それぞれ
   遺族のそれぞれ

 人なのです

  人品人柄 人格

    肩書ではなく  人なのです

坊さんも神父も牧師さんも尼さんもシスターも
  人・・です

  自分を磨くこと

   支援者にとって大切な事はスキルやノウハウよりも
  人柄磨き
   自分自身の人となりを深めること
 だと思っています

 そんなことを言う私は
  68歳ですが まだまだ煩悩深く未熟者です

   私の活動の原点は息子の死に顔

   忘れません

 私が受ける苦しみなんて
     息子の苦しみに比べたら なんてことはない

  らくなもんです  だって生きてるんだから

いじめと体罰と嘘

b0122448_18351046.jpg

昨日は 宮城県議会議員たちといじめで子供を亡くしたお父さんたちとの話合い
  簡単な要望書も提出
6月の議会に向けて・・・

3人目の犠牲者が出ても尚隠ぺい体質は変わらず
  12日の市会議員の委員会で教育委員会が配布した資料には
   8回もの{SOS]が記載されていた
      そのうち半分は保護者には連絡もしていない
   いじめた子供たちへの保護者にも全く報告していないことが判明

そして昨日  教師2名が体罰を加えていた

  頻繁に頭をたたいたり  ガムテープで口をふさいで授業を受けさせたリ・・

     どんなに苦しかったかと思うと  胸がつまりそうで 痛くて
         中学生が3人死んでも  大人たちは対面ばかりを気にして
    なんとか
       子どものせい・・・にして  なんとか親のせいにしようと必死

     何人の子供たちが死ねば 反省してくれるのだろうか

       殺人者だと言っているのではない
          力不足と 間違いを認め いじめや体罰を認め 反省し
いじめはしない
いじめない
いじめは悪いことだと教え 
いじめのない学校作りを目指すことを亡くなった子供に誓ってほしい
   申し訳なかったと 亡き子供に謝罪してほしい
遺族が求めているのはそれだけ

難しいことだろうか

    いじめていいのだろうか

 注意をすることと  怒ることは違う
    怒ってしまった時はフォローが必要

   教師が子どもたちを差別し   いじめている

   それを見ている子供たちは この子の事はいじめてもいいんだと思い込む

    今回 体罰の事を告発した 子どもとその保護者の勇気と良心に感謝です

  ずっと毎日 クラスメートから集団でいじめられ
     教師からもいじめられ
   肩を怪我したり
   手首を骨折したり
  ズボンを下げられたリ

それでも 親には心配かけないように毎日学校に行っていた


    つらかったろうなぁ

3人の遺族と協力して 仙台市・宮城県から 子どもの自死は出さないように
      頑張らなければ・・と・・・

今年は息子の13回忌
      初心に戻り 頑張りたいと・・・