支援なのに どうして当事者本人の要望を軽んじるのかな・・・



シドニーで過ごした 時間

     参加した5人全員が 一つになり
          南の空の下で
        いろんな国の遺族とつながり
    いろんな 考えを学び 
         意見を交換し合った

   真剣に~
   自死について  自死遺族について

        対等に話し合った時間

     妙になつかしく  活動の支えの一つになっている事に気づく


!cid_6C797095-AF56-4B7E-AA99-6E456D904C26.jpg

   会場の雰囲気が
      亡き人を大切に思う空気に包まれていたことが 印象的

   日本で自死の会合というと
      遺族を除く 支援者の身の会合となることがほとんど

 自死遺族支援も含む会合なのに
    活動をしている自死遺族の姿はそこにはない

 当事者抜きで 支援が語られ 研修が行われ
      知識として学ぶ支援者が増えていく

    そして 自死遺族の事を自死遺族よりも理解しているという支援者が広がっていく

     自死遺族の自助グループとしてソーシャルワーカーの役割を重要視してきた理由と

       支援者たちが考えている自死遺族支援に必要な社会福祉士の役割は
              ずれがある
それはなぜか
   社会福祉士の自死遺族支援の研修に 当事者の自死遺族ではなく
        支援者・・研究者  を 講師に招いているから・・・仕方がない

   社会福祉士は
     本来 当事者から 支援の必要性を学び
         できるだけ当事者が必要とする支援につなぐというのが本来のあるべき姿だと思うのだが
      なんだろうなぁ・・・・
   
     いかにも日本・・・
        当事者は知識がないもの
         肩書ある人から学ぶという視点

  支援をするには
    何を必要としているのかを知ることが大切

  何を必要としているのかは
   肩書ではなく  当事者の体験的知識から 知り得るものではないだろうか

     これまで
散々 ・・・いや 今も 口が酸っぱくなるほど
     何百回も 支援の内容は 当事者本人の集団的体験知識から学んで
       出来ることとできない事を分けて
          つなぐ支援をしてください
 「かなしみ」は 触れないでください
  長い期間」かなしみ」があっても 精神科に繋がないでください
     精神科に通っている遺族には「あなたの悲しみや苦しみは精神病ではないですよ」と
        悲しい気持ちは 愛する気持ちと同じことなんです と 悲しみを肯定してください
と要望し続けているのにもかかわらず

 相変わらず  長引く悲しみは 後追い自殺になる危険があるから・・などと
       講演し レジュメを作成し 自死遺族支援の研修資料となっている

   

      このことは 遺族への二次被害 差別と偏見そのもの

    ドイツも当事者本人の体験的知識を重んじるという事だった
それは遺族だけではなく
  患者に対しての支援も

   日本でも 車いすを必要とする人たちの支援は
     長い年月をかけてではあるが
        当事者本人の団体を会議に参画させ
           当事者本人の意見を重要視し、改革を重ねて 
  バリアフリーが広がってきた

     またパラリンピックへの参加も・・・

   自死遺族の支援も
      当事者本人の意見を 聞くことからはじめてほしい

   いや
  聞いたふり  では  どうにならない

    施策に反映させてもらいたい

支援者に
      自死遺族とはこんな人だと語ってほしくない
決め付けないでもらいたい
    
   当事者と共に考え 当事者と一緒に・・・

      支援の在りかたとは  それが基本ではないのだろうか

    12年の活動が虚しくなる 出来事が最近続いている


       mig.jpg
スポンサーサイト

遺族が求めていない「悲しいこころ」に踏み込むケアは もはや被害です

82a4c843486f1f1d42d4f06993b7fefbe004a57c_50_2_2_2.jpg

全国自死遺族連絡会として
   新たにやるべきことがあることを  きづかされた

   自死遺族支援という対策があることはありがたいのですが
   これまでも
     見当違いのことが 行われてきた

  抗議もし、要望もしてきた

    その中の一つに
       遺族への「心のケア」は 本人が求めたときに応えてほしい
        よかれと思って 近づかないでほしい、と。
母親が亡くなった高校生に
  教師が学校で呼び出して 個別に母の自死について話を聞いた

    地方都市の狭い範囲で暮らしている子供たちは
       なんとなく 自死という事を知っていた

    廊下で聞き耳を立てて聞き
        その日から  お前の親 飛び降りで死んだんだよな・・・
 あいつの親は
      ・・・・・・・・と噂になってしまった

      その子の父親が頼んだわけでもなく
 本人が頼んだわけではない

     よかれと思って  呼び出して聞いただけ…なのかもしれないが

その子は高校を退学した

    その責任は教師は感じていない


    いじめで子供を亡くした親に
      学校がカウンセリングをするのは いかがなものだろうか
しかも  要りませんという遺族に
   イヤイヤそういわずに 必ず来てくださいと
    無理やり勧める学校

    兄弟姉妹にも 中学校から小学校に 情報が流れて

      子どもへのカウンセリングを強引にする学校

     自死も・・・津波も・・・

       子どもへは保護者の許可なく カウンセリングはしないでほしい

  カウンセリングが トラウマとなってしまうケースもある

     人間不信になる場合もある

   家族が亡くなって  すぐに 
     なぜ カウンセリングを・・しかも望んでもいないのに
    勧めるのだろうか

    望んだら・・・・望んでから・・でいいと思うのですが

   遺族を無知な人間と思っているから
  無知な遺族に
     物知りの自分たちが カウンセリングという存在とすばらしさをつないであげるとでも思っているのかもしれない

       今度 聞いてみよう
  学校とスクールカウンセラーに・・・
  どのような意図で
     求めていない遺族の「かなしみ」に立ち入ろうとするのか・・・

支援は押し付けるものではない

    当事者が求める支援に応えるのが支援である

      求めていないものを支援するのは
          余計なお世話という

     そして 求めていない支援をしようとする人たちは
   傲慢です


    そして
   その支援をしている人たちは
    どうして 嫌だというのですか
       あなたの為を思ってしているのに・・・という

    突然に愛する家族を失った人の悲しみを
       どうすることができると思っているのでしょう

     緩和できるとでも思っているのでしょうか

  どこからそのような自信がでてくるのか不思議です

       遺族が(子供も含め)求めるまで そっとしてください

   求めたら
    応えてください

       悲しみに 素手で触れないでください

       悲しみを 雑に扱わないでください

         

ご近所と親戚の物知り(?)と専門家の違い

140513_6967[1]

自死は成仏できない・・・浮かばれない
 という
親戚や地域の 物知り(?)な人たちがいる

    遺族も遺族になる以前は そう思っていた人だったりすると
        考え一致してしまう

   仏教での葬儀を行い  仏壇に位牌を納め 本尊もある
       南無〇〇〇〇〇〇〇・・・・と  唱えている

     そもそも  死んだ人は成仏はしない

       仏様になっていない  なれない


     亡くなった人イコール仏様という考えは間違えである


       誰も成仏はしない

         傲慢すぎる

浄土宗・・・往生するという

   往き生まれるのである

どこに往くのか

 浄土宗では西方極楽浄土に往き生まれるのである

     戒名の意味も  葬儀の意味も   位牌の意味も
  何も知らない  物知りの人たちが
      仏教の素人が  いかにも 見てきたかのように 語ることば

     浮かばれてない  成仏できない できていない

        バカバカしい  無知もほどほどにしてほしい

 往生するのです  成仏ではありません

      仏様には  そんなに簡単に成れません

   
そして  仏教には 天国という教えはないのです

     少なくてもいいので  正しい 知識を学び信じてください

無知な 物知りの人たちの言葉に 惑わされることはないのです

  近所の親戚の 物知りの(?)言葉よりも

     お経を学んだ  仏教の専門家のことばを信じましょうよ


    相続税の話も  近所の親戚の物知り(?)に言葉に不安になる人がいます

       
          控除があることを知らない素人は 子どもの数も基礎控除も知らずに

      生命保険や退職金がそんなに もらうなら 相続税が莫大になるぞ‥とか言うらしい

  専門家の言葉を信じましょう   専門家に相談しましょう

     普通の家庭は  莫大な相続税を払うほど  相続していませんから

        素人の物知り(?)の言葉に惑わされない事です

   

宇都宮市で開催の自死遺族の集い「オレンジ色の会」



dscf0408.jpg

栃木県宇都宮市と鹿沼市で開催している自死遺族の自助グループ
「オレンジいろの会」と「ひなたぼっこ」

オレンジいろの会は、自死遺族だけで運営しています。
◆自死遺族の自死遺族による「わかちあい」の会です。
「オレンジいろの会」は家族や身近な人を自死で亡くした方々のわかちあいの集いです。

自死で大切な人を亡くして、誰にも言えず、一人で悲しみ苦しんでいるのはとてもつらいものです。
同じ自死遺族同士なら、同じ苦しみ・悲しみ・共感できる部分がたくさんあります。
会を運営しているのは全て自死遺族です。
胸のうちの想いをご一緒にわかちあいませんか・・・


◇ 匿名での参加もかまいません。
◇ 予約は不要です
◇ 途中参加・退席も自由です
開催日   奇数月の第4日曜日開催  (3月25日)
場所    栃木県庁西側  
    
とちぎボランテアNPOセンターぽ ぽ ら
電話    028-623-3455
時間    13時30分~15時
会費    200円


「ひなたぼっこ」
開催日   偶数月の第2日曜日開催
場所   鹿沼市文化橋町1982-18
     「市民情報せんたー」3階 学習室
会費   100円
時間   13時30分~15時































自死遺族支援の支援者とは・・・

0805300057.jpg

支援者は自死遺族の大多数ではなく
  特異な人に注目する

  自助グループ
 自死遺族だけでの当事者の集まりでは
      いろんな人がいて あたりまえと思っている

  そして支援者は

  こんな大変な遺族がいます・・・報告でおしまい
    こんな大変な遺族がいて こんなふうにかかわりをして
       事なきを得て 大事に至らず に います

    という報告はない

  いわゆる「あ!大変な遺族がいる」
       でも知らんふり
   で・・・ 大事にいたると こんな遺族がいてこんな風になったんですよ・・でおしまい

   子どもが自死で亡くなり
  夫婦関係がぎくしゃくする
  よくあることです(と私は思っています)

家族関係もうまくいかなくなることもある

   よくあること(と私は思う)

 だから アドバイスもする

 私もそんなときがあったけど
  こんなふうに して 今がある・・・と

   誰しもが 子どもが亡くなり 夫婦関係や家族が壊れることを本人は望んでいない
   相談をするという事は
 何とかしたいから  話す
壊れてもいい人は 話さない

 話してくれたことの気持ちを感じて

  いろんな 体験を話す
      遺族の先輩として・・・

   そうすると  私も・・おれも・・・と
 いろんな体験話しがでてくる
  その中で  その人が気づき その人が何かを感じ
      亡くなった人のために  最もいい方法を選んでいく・・・
      そう信じている

 支援者たちは  参加している遺族に元気になってほしい  と思っているのだろうか

     なぜか 元気になってほしいという 想いは感じられない

    元のような幸せなんて なれっこない
 ならない なれない

   でも 元気に生きていくことはできる

  元気と幸せは違う

    悲しみと苦しみで覆われている日々だけど

 そんな中でも  お風呂に入ったとき 「あ・・・ふー」 と あったかさにホッとする一瞬もある
    あったかいご飯を食べて  お茶を飲んで
      ふ~~~と 思う時もある

    それが生きているということ

それだけでも
   亡くなった人よりは 恵まれている・・と思う

    亡くなった人に 「ごめんなさい」と 言わせない生き方

   それは 悲しい気持ちを抱え 元気に生きていくこと
  悲しい気持ちは 亡くなった人を愛している証 そして苦しい気持ちは自責の念

   それを持ちながら  元気に生きる事

元気に生きる事は 亡くなった人に「ごめんなさい」を言わせないため

    私が死んで苦しませて悲しませてごめんなさいと言わせないため

     私が死んだことが 悪いんです・・と言わせないため

      
 13日の午後つくづく 思った
「自死で遺された人に対する総合的支援のための指針(案)」の作成の会合で
  しばらくぶりで会った支援者たちが

こんなふうに自死遺族を思っているんだ・・と

 自死遺族の多くは 亡くなった人を愛していない・・大切な人とも思っていない

    という発言にも 絶句

  頭にきたので

「私の息子が亡くなったことが 悲しいですか?」と聞いた
   私にとっては 何十人亡くなったよりも 息子の死が悲しいです
 あなたたちは 私の息子の死が悲しいですか?

  悲しくないですよね

 それは 亡くなった人と遺された人の間に 愛があるか愛がないか・・ですよね

 と 言った

あなたたちは私の息子を知らないし 愛してもいないから 悲しくないですよね
  それが普通で・・・愛する気持ちがなければ悲し気持ちはわかないんです

  悲しくない 大切でもない 愛してもいない人が亡くなって
   どうして
 遺族の集いに来るんでしょうか・・・

    もしかしたら  ことばでは愛していない大切でもない  と言いながら
       とても大切だと思っているのかもしれない

      という事に 想いを馳せることができない支援者たち

愛してもいない 大切でもない
 どうでもいい人が死んだことで

    人が遺族の集いにくるとしたら

   その人に聞きたい

なぜ 遺族の集いに参加しているのか・・・

  支援者たちは とにかく 自死遺族を特別な人 特殊な遺族にしたいらしい

   こんな支援者がいる 集いに 私は参加したくない

    遺族のダメな部分ではなく
 遺族になっても 出来ることに注目する 肯定することが大切だと思っている

    支援者たちは 遺族ができなくなったことをクローズアップして
   こんなに大変な遺族を私たちは支援してあげているといいたいのだろうか
      
    残念な支援者たちと一緒の13日

    感性が違う人たちとの会合は疲れます

  主催した 人たちの ほうが 支援者としては 真っ当でした