FC2ブログ

共同通信の配信記事

a7cd0e8327de25556d5a10f01ddbfb88.jpg
「ときを結ぶ」(12)「自死遺族」
悲しみは癒えることなく
差別・偏見と闘い続ける


 「あのときの息子の体の冷たさ、それが原点です」。全国自死遺族連絡会の代表理事、田中幸子(70)の長男健一は2005年11月、34歳の若さで自ら命を絶った。当時、宮城県警塩釜署の交通課係長。連絡を受けて仙台市の自宅から署の官舎に駆けつけ「体に触ると氷よりも冷たかった」。
 自分の血と入れ替えれば、体が温まって息子がかえってくるんじゃないか。本気でそう思った。
 その春、塩釜署に異動した。直後に高校生25人が死傷する交通事故が起きる。交通の仕事は初めてだったが、上司は支え励ますどころか暴言さえ吐いた。他の仕事も積み上がり「真面目な子なので全部抱え込んだ」。
 4カ月半、1日も休まず働き、疲れ果てて療養に入る。夫婦仲が悪くなり妻は実家に帰った。
 不信感と恨み
 死の直後に兄の携帯メールの記録を見た4歳下の次男が「これじゃあ、お兄ちゃん死ぬよ」とつぶやいた。追い込まれていく跡が示されていた。受診した精神科医にも心ない言葉を浴びせられたと生前、聞いていた。
 警察にも不信感が募った。親族への連絡の前に家中を捜索したようだった。着いたとき、息子は着替えさせられ、布団に寝かされていた。遺書もなかったと言われた。
 田中は人をうらみ、救えなかった自分を責め、やり場のない怒りで暴れた。何度も昏倒した。次男は母の死を恐れた。トイレでも風呂でも、ドアの前に立ち「大丈夫?」と声をかけてきた。
 死にたかったが死ねない。カウンセリングを受け、僧侶の話を聞き、占いを回った。助けになりそうな本を次々読んだ。
 仏壇の前で泣いていると次男に言われた。「僕が死んでもそんなに悲しんでくれる? お兄ちゃんみたいな優秀な人間が死んで、僕みたいな駄目なのが残ってごめんね」
 はっとした。支えてくれている次男を忘れていた。それからは笑顔を取り戻そうと努めた。
 大切な人を亡くした同じ思いの遺族に会いたい。次男が探してくれた福島の会に出かける。初めて胸の内を打ち明け、少し楽になった。だが仙台にはそんな会はない。
 「誰かに作ってほしい、私を助けてほしい」。あちこちに要望したが、動かない。「だったら自分で作るしかない」
 癒えぬ悲しみ
 健一の自死から8カ月後「藍の会」を始める。藍は警察官の制服の色。息子は仕事に誇りを持っていた。いつも息子と共にという思いを込めた。
 電話番号を公開し、時間いつでも遺族の電話をとる。「私自身が今でも夜や明け方に悲しくなって思い惑う。そんな時間に支援機関は電話に出てくれないから」
 各地の遺族の会の立ち上げも応援し、08年には全国連絡会を組織する。
 地元では遺族が語り合う「分かち合いの会」、それを卒業した人の「茶話会」、サポーターも交えた「サロン」を開く。
 遺族には柔らかな笑みを絶やさない。後追いだけはさせないという強い意志が、その奥にある。
 活動の中で直面したのは、自死した人と遺族への差別や偏見だ。
 例えば行政の担当者や支援組織から「自殺は貧困や無知が原因」という発言が頻出する。自死者は「人生の敗北者」であり、遺族は「敗北者の家族」とみなされる。
 政府の自殺総合対策大綱は「多くが追い込まれた末の死である。(略)様々な社会的要因がある」としているのに。
 07年から08年の自死遺族支援全国キャラバンで、支援団体は「泣く遺族」の登壇を求め、多くの遺族が壇上で号泣した。田中は批判する。
 「遺族は運動の道具にされた。こんなかわいそうな人を出さないために自死を減らそうと。哀れむべき存在だという差別感を強めました」
 
 田中はこうしたスティグマ、(社会的烙印)と徹底的に闘う。「自殺」を「自死」に言い換えるという提案もその一つだ。
 「自らを殺す」という自殺は「自由意思で実行した身勝手な行為」という偏見を生む。提案は実を結び、宮城、鳥取、島根県や仙台市などが「自死」に切り替えた。
 賃貸物件の賠償請求もスティグマに起因する。「けがれた死という烙印です。家賃減額分や改修費用で何百万、アパートの建て替え費用として1億円以上請求された例もあります。泣く暇も与えず火葬場まで来る」
 法律家や医師らと「自死遺族等の権利保護研究会」を作って法的問題を検討し、遺族と支援者のための手引書も作成した。
 「優しい人が優しいままに生きられる社会に」。そう願って走り続けてきた。田中自身の悲しみは癒えたのだろうか。
 「私は幸せになることを望んでいません。悲しみはそのまま。回復するとすれば息子を生き返らせてもらうことだけれど、それはできない」。いったん言葉を切った。
 「親として助けられなかった。息子が生きていた頃のような青い空は見えない」(敬称略、文・佐々木央、写真・尾形祐介)

メモ
 自死は1998年から14年連続で3万人を超えたが、2018年は警察庁の速報値で2万598人と9年連続減。それでも年間2万人以上の自死が、遺族に深刻な打撃を与えている。
 自死遺族等の権利保護研究会による手引き「自死遺族が直面する法律問題」は、死後に起こる現実的な課題への対応を平易に解説する。
 例えば賃借アパートで自死し賠償請求されたケースについては、法的根拠やその不当性を説明した上で、裁判や交渉で賠償額を圧縮した実例を紹介。他にいじめ・体罰による自死、過労やパワハラによる自死、鉄道での自死といった類型ごとに実態や対応を示す。
スポンサーサイト

生きて欲しいと願って・・・活動をしています

candy4.jpg

いろんな人たちがいる
   遺族の事情も様々

  息子の死をかなしいと言ったら
   ある支援者に、子どもを殺す親だっている!と言われた

  自死は止めなければいけない事ですか?という人もいる
      死んだほうがよかったと思う人もいるんじゃないですか?という人もいる

愛する人を自死で亡くした・・・という言葉にかみつく遺族もいる
   愛していませんけど・・と。
  まぁ~そんな人もいるでしょう

  全てを自分に置き換えて
        活動としての目標に文句をつける人もいる
   「自死」は
   その多くが(自死者の全てとは国も言っていません)
       追い込まれた末の死である
  と 国が「自殺総合対策大綱」に掲げています

社会的な要因の社会には
    自死した人も遺族も含まれています
社会的要因は生まれた時の環境から
       育つ環境・幼稚園・学校・友人・知人・親族・・
      会社・上司・部下・・・・債務問題の仕組み
              労働の仕組み  介護・・・
あらゆる事が社会です

   社会的要因に
家族や本人が含まれないと思っている人も多いようですが
  社会の一員として私たち一人ひとりが存在しています

自死も含めて死んでいい人はいないと思っています

 震災の時に思った事の一つに
   なぜ 遺児支援や伴侶の支援だけを 取り上げるのだろう
 遺児となった子どもには亡くなった親がいるが
   その親の親は「子供を亡くした親」になる

 幼い子供を亡くした親だけが子供を亡くした親ではない
    結婚して子供のいる親にも親はいるのに
           誰も取り上げない
  親にとって
         50歳でも子ども
      60歳でも子供
  なのに
            あれほどの人たちが亡くなったのに
     大人の子供を亡くした親たちの悲しみは
             無視されていた
だから
 子どもを亡くした親の集い「つむぎの会」
   を広げた

   自分の妻が亡くなったとして
          その妻にも親がいる
  既に亡くなっていたとしても
            親はいる
親のいない人はいない
    親が嫌いな人もいると思います
しかし
多くの親は
  子どもを愛しています

慈しみ育てた子供が
  死んでホッとした・・という親がいたとしたら
     本心でしょうか・・・

どうしようもない子供だったとしても
    子どもが死んで
          良かった良かった・・と心の底から
   思う親がいるのか
        居たとして それが大多数とは思えない

多くの親たちは
 子どもの死を嘆き悲しみ苦しむ

もちろん
妻を亡くした人も
 夫を亡くした人も
     親を亡くした人も 兄弟姉妹も・・です

日本人の幸せ感はとても低い
   物が溢れ  贅沢品に囲まれているが 
心の豊かさは少ない
   そんな気がする
人を大切にする  差別や偏見のない社会
  目標がそこにある

 息子が楽しく生きられたであろう社会をめざして
             活動を続けていこうとおもう

P4290027.jpg

喪われた命の意味を伝えてください

3e5acaf0eac9df165ef4f5f8853671de_1450787898-480x320.jpg

小・中・高
 の子供が自死した時

いじめの有無を問わず 第三者調査委員会の設置を
   教育委員会に要請することは普通の権利

新聞等に記事として掲載されているのは極一部
  多くは非公開で第三者調査委員会が設置され調査をしている

遺族が公開を望むか非公開を希望するか・・・
    
   親との問題もあるかもしれないが
      学校にも何かあったかもしれない
  何も言えなくなった子供のために
     調査はしてもらったほうがいい

   裁判ではないのですから
      家族の取り調べのようなものはありません

   調査の時に 遺族からの聞き取りも実施しますが
  あくまでも任意ですし
   また一人で受けなくていいんです
 一人親なら
   親族でも友人でも誰でも同席できます(要望したらいいんです)
 夫婦・祖父母何人でも同席可能です。
   弁護士でなくてもいいのです
家で聞き取りではなく、公民館や教育委員会の部屋でもいいんです。

 その際に 録音を取りたいと言われても拒否ができます

また 学校とのやり取りが苦手なら
  代理人(友人知人・兄弟・誰でもOK)が 
教育委員会などからのやり取りをする事も可能です

 マスコミは一切受け付けないという事も
      教育委員会に告げたら大丈夫です。

   我が子のいのちが
    ただ死んだというだけではなく

   意味のあるものにするためにも
     死んだんだから
     何をしても意味がないとあきらめず

  次のいのちに生かしてほしい

  同じ子供たちが 自死に追い込まれないように

    なかったことにしてほしくない

       全国自死遺族連絡会
                自死遺族等権利保護研究会
              にご相談ください
    
   喪われた命の意味を伝えてください

  労働・パワハラも同じ
        精神医療の問題も・・・・

支援者の支援を大声で主張する支援者・・・

20180405_928273.jpg

明日は春彼岸の法要
   お墓のあるお寺に行くことにしている

 終わり次第 
    折立中のいじめ自死事案の第三者調査委員会

  ここ10年ほど
    支援者支援が大きな声で叫ばれている

以前から自死の対策は 支援者の支援ですと言われてきた
 当事者の支援はしません
    当事者の活動も支援しません
   あなたたちを支援する人たちを支援するんです
    と 言われ続けてきた

では
  私たちも支援団体ですから 支援者の支援をしてくださいと要望
    そうすると
今度は「支援ができるほど元気なんですから支援は必要ないでしょ」と言われた
    ???
 ならば当事者でもない
 幸せで元気な支援団体は支援が必要ないと思うのですが
     どうなんですか・・と反論してきた
 
   ようやく 自助グループ活動が認められてきたと思ったら
     支援者の支援が重要だと主張する支援団体たくさん

 いまも 支援者からの支援を受けていない遺族が多いのに
    支援ができていない支援団体なのに・・・

支援もしていないのに
 自分たちだけは支援が必要だという人たち

    いっそ 遺族支援という活動をやめたらいい

   そもそも 会を開催しても遺族はほとんど参加していない
     自助グループがあるところは
           行政や支援者の会には 遺族は少ない
    行政の会が1年間で(6回) 遺族の参加が延べ人数6人

  同じ地域での自助グループ
     1回の参加人数が15名
  1年で(6回)80名以上

    ここの自助グループは全て自前
               支援は受けていない

   1年間に6回開催で6人にの参加で
         スタッフが1回につき3~5人
          支援団体から講師も招き
  講師料も払い 交通費も払い
    遺族の参加が1回 1人?2人?0人?
それで
 どうして支援者の支援が必要なのか理解できない

  多くの遺族が参加
  また相談も毎日たくさん受けて疲弊するほどだというならわかるけど

    参加遺族がほとんどいないのに
      必要な支援とは何でしょう

    1人の遺族の話を2か月に1回聞くだけで疲れるなら
              支援者として不向きですから
          やめたほうがいい
   支援者の支援が必要なら その支援者の支援も必要となり
    エンドレスで支援が必要になり
  当事者の支援ができないことになる

    あなたたち遺族を支援すると疲れるから
      私たち支援者の支援が必要です   なんて
               遺族の前でいう人たち

      そんなに疲れてまで支援してもらわなくていいです

    と言いたい

     疲れるなら聞いてもらわなくてもいいです

     自分たちで何とかします
  法律問題はそれぞれの専門家に相談します

   宗教の事は宗教者に相談します
      
      支援者が疲れる支援はしなくていいですa7cd0e8327de25556d5a10f01ddbfb88.jpg

社会の根底にある自死への偏見(弱い人・死にたくて死んだ人)




  自死を隠さず生きて欲しいと願う
世の中が自死への偏見と差別に満ち溢れている事は十分に承知しながら
 厳しい事を願っていると思っている

 しかし
  このまま遺族が自死を隠したままでは
      自死の問題は「自殺ビジネス」を狙っている人たちには
               金を得るビックチャンスになってしまう
今でも
  自死を食い物にする団体が溢れている
 それも 遺族が語れないことを利用して
       やりたい放題
  
  「死にたくて死んだのではない」という気持ちを強く持って欲しい
    死にたい人などいない
  死にたくなる程の苦しいものがあったのです
   
   我慢が足りないから死んだのでもありません
    忍耐強くないから死んだのでもないんです

  やさしい心の持ち主だっただけ

    学校は本来楽しい所のはず
  勉強ができなくても
          学友と会う事が 楽しみのはず
   学校という空間が 楽しいはず
            部活も 楽しいもの
   職場だって 本当は苦しみであってはならない
      自死の根底にあるのが「言葉」のような気がする

言葉はすぐに消えてしまう
  が 心や頭には残る
     小さな嫌がらせが 毎日続き
  それが気になりだすと その言葉をいうその人を見ただけで
   いや その人の存在を意識しただけで
        吐き気や寒気がおこったり
胸が痛くなったりする
   寝ていても思い出して 不安になっていく

  毎日 10回 バカ・死ね・アホ・クズ・ブス・と
  小さな声でも 1か月・2か月・3か月と続いたら  どうでしょうか

   人を追い込むとはこういう事なんだと思います

  人前で罵声を浴びせたり
      人格否定の言葉を何度も言われると

     よほど攻撃的な人でないと
               自己嫌悪に陥る
   幼稚園の時の経験
   小学校の経験
   中学校の経験
         部活での経験
    地域での経験

   自分を認めてくれるやさしい存在の言葉よりも
             否定的な言葉は心と頭にたまっていく気がする
    嫌な事は
 我慢しなくていいんだという事も教えなければ・と思う
   我慢しなくていいことと  わがままは違う

理不尽な事にまで 耐えるのは美徳ではない

   自分が嫌な事は 他人にもしてはいけない

      自死は 家族にももちろん責任はある
            本人にももちろん責任はある
 がしかし
     それだけではない
     社会全体に大きな責任があると思う
    だからこそ
  国が莫大な税金を投入して取り組んでいる

   117kodemari.jpg

  人にやさしい社会であれば
  自死はなくなる
      自死率が低い国の人が日本で住むと
                自死率が高くなるのはなぜ・・・
  それは 
     人にやさしくない社会だから

  見た目
 表面だけは きれいで 豊かでやさしそう
     現実は
 差別がたくさんあり
     人と比べて 蔑み   偉そうな人たち
  狭い地域で自慢し
      バカにする
         
 どこの幼稚園?
    あら!あそこ・・・ふ~~ん
   うちは○○幼稚園ですの。

 ご主人はどこにお勤め?
   お子さんはどこの高校?

孫は? 結婚は?
  どこにお住まい?
      ・・・・・・・・・

 どうでもいい事
      が 自慢の人たちが多い

 バカバカしい限り
人ではなく 住まいや学校勤め先でさげすむ社会

    幸せ感の低い国日本
             
 息子は優しい子でした
    やさしくて追い込まれてしまった
         photo.jpg

  かなしいです
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR