FC2ブログ

自死遺族による自死遺族のための・・・・それが全国自死遺族連絡会

6da14307a6ca64ec709ac14bd67da655.jpg

 私の活動団体名は「全国自死遺族連絡会」
自死の予防を専門とする団体ではない

自死遺族の支援(という言葉は嫌いですが)を目的としている

自死遺族が元気で生きていくような活動

 自死を予防するための団体は
全国にたくさんある

  自死遺族の総合支援の構築を目指している

  しかし
   家族が亡くなったわけではないが
    様々な問題を抱えた 遺族ではない人からの相談も多い

そのために
 みやぎの萩ネットワークなどの団体も立ち上げている
  が
  その多くの窓口が 私になっていることも多い

 精神薬の問題を抱えている人からの
相談も多い
  年間 60人以上は精神薬の相談
     一人一人に応じた 医師やカウンセラー・社会福祉士・弁護士等々を紹介する

院長に直接電話して
  転院等に応じてもらうこともある

   生活保護の申請に同行することもある
いじめや不登校などの相談も
  2人で出向くこともある

   傾聴だけの活動ではない

 具体的な解決を目的とする支援活動

 代理人も多く務めている
   もちろん  すべて無報酬 自前が多い

1年間に1万1000件は超える相談
 今日も・・・・・・・
     
 自死遺族の相談を主とする団体
    なのだから
  自死遺族の相談だけでいいと思っている

  でも 頼まれると断れず
      相談に応ずることが多いが
         肝心の自死遺族の相談が疎かになることがあり
本末転倒になってしまい反省することも多い

 自死遺族を専門として総合支援をしてくれる団体はほとんどない

しかし
   遺族も含めて 一般の人たちの相談に乗ってくれる機関は
    全国津々浦々にある
  自死遺族の会に
   自死遺族以外の人たちが相談をするのは
なぜでしょうか
 自死遺族の団体ですから・・・・
  自死遺族がつながるのはわかるけど
    
自死遺族以外の人が助けてくださいとつながるのは どうしてでしょうか
その多くは
 他の機関にたらいまわしにされた人や
   悪化していった人
 誰もどこも 相手にしてくれなかった人
   傾聴だけでは解決できない人
 具体的支援を求めて 自死遺族の団体に助けを求める

しかし
 自死遺族にとっての数少ない総合支援の相談団体に
    自死遺族以外の相談者が殺到する傾向は違う気がする
   様々な相談機関が
  多数あるのに・・・なぜ わざわざ 自死遺族の会に助けを求めるのか・・・

   それは
     なかなか 本気で 真剣に 相談に応じてくれる機関がないからではないでしょうか
人を批判するのは
 簡単 無責任
特に 自分は何もせず 批判だけをするのは ありえない


遺族になる前に相談を受けるべきだろう・・・
という批判もあるが
   遺族になる前に相談する団体や機関は数多く存在する
1年に一人でもいい
  本気で一人の命を救うために動いてみてください
   そんな人が増えたら
     自死遺族の私に  自死遺族ではない人からの相談が
      一年に 数百件とこないはず

自死遺族の団体に 相談しなければならないほど
    追いつめられる前に
解決してくれる 相談機関や人が
     増える事を願っています

    
  遺族の代理人を今現在
    4か所
 遺族ではないが
  不登校になり転校した子供の保護者の代理人を1か所

相手は教育委員会 

 活動をやればやるほど
  批判も多くなる 妬み嫉み 誹謗中傷
     サイトでの暴言が問題になっているのに
 人をけなし
  人を蔑み
 人をののしる

そんな人たちは 次々に出てくる

  やさしくない人たち

心が貧しい人たちが増えているのだろう

   暴言を吐き
      蔑み  楽しい人

   誹謗中傷のコメントは即削除をしています
    

私の活動は
  自死遺族が元気に生きていくため

自死遺族の自助グループの団体です

  悲しいご縁の団体です

  自死遺族以外の人たちは
 自死遺族の私ではなく

専門的知識のある
   やさしく親身になって相談に乗ってくれる団体や人に相談してください

精神薬の相談団体もあります
   いじめの専門団体も機関もあります

債務整理の専門団体や機関もあり
再チャレンジを目標とする企業再生の団体もあります

恋愛の専門の団体や
  介護の相談機関もあります

傾聴だけの相談機関も数多くあります

 サロンなども 数えきれないほど  多くあります

労働問題の専門団体も機関も
 
  自死遺族による自死遺族のための・・・
それが 全国自死遺族連絡会です

img_cache_a_35125_3_1588494029_jpg.jpg
スポンサーサイト



使い捨ての秘書になれない煩悩だらけの私


ind_pic_mainvisual[1]

自死遺族の個人情報が一元集約される
これまでの警察庁から厚労省という流れではなく
警察庁から民間団体に集約される
指定法人とはいえ
 あくまでも 単なる一般社団法人
公益法人ではない
 独立行政法人 公益法人 公益財団法人などなど
  いろんな法人があるが
 昨日登録したばかりの一般社団法人が
    指定されて
  何十億という税金を使い
   自死の対策を決めて 地方自治体を指導し
     研究は募集をし
   モデル対策も募集し
 自分たちは 研修の講師や 指導だけして
   給料をもらう
下請けのように 下々の民間団体等に事業をさせて
報告は自分たちが受け取り
   いかにも 自分たちが研究し、具体的対策をしているかのように
      講師だけ務める
  専門家と名乗る
自死対策の・・・・

民間団体だから 入れ替えは自由
 個人情報保護法違反も 公務員のように罰せられない

 何回か このブログでも書いてきたが
   ほとんどの人は 
他人事だと思っていることでしょう・・・ね

そうですよね
 今、遺族の人ではなく
これから遺族になった人が ターゲットですから

 自分ごとのように 不安を感じていないのでしょう
   それが普通です

 でも 少しでも止めないと やりたい放題
  自死遺族の個人情報が 永遠に流れ放題になっていくことは目に見えている
罪人でも個人情報は守られる
 自死遺族は罪人以下である

 どうしたら 危機感は伝えられるのか
    ずっと考えている
  新聞にも投稿し掲載された
世間の  反応は鈍い

 今自死遺族である人の情報ではなく
今後自死遺族になった人たちの個人情報の事だから
 関心がないのかもしれない

全国自死遺族連絡会は分かち合いの団体ではない
   
 分かち合いを目的とする会は必要で
   たくさんあればいいと思う


 せめて 代表だけでも
    総合支援としての目線を持ってほしいと思ってきた

  悲しい気持ちだけではない
 様々な問題に関心を寄せ
   具体的解決の連携先を知り つないでほしいと思ってきた

    第三者調査委員会の設置の権利
  労災申請とは・・・
賃貸借の賠償金の問題
  債務整理 相続
  保険 鉄道問題
  医療過誤
  などなど
悲しみと精神薬の問題

冊子にしてあり、ダウンロードもできるが
   もっと 詳しく 掲載したいと思っている
冊子も作成したい
   手元に置くだけで いざという時に役に立つように

 様々な相談を想定して・・・・
また 聞き出すための 心得も

    72歳になろうとしている 私の時間は少ない

 限られた時間の中で
 どれくらいできるだろうか

時間を有効に使わないと
   目標に達しない
しかし
 あちらこちらから
足を引っ張られ
  なかなか思うように できない

  一人ひとり大切にと思うが
   大切にという思いが 伝わらない時も多い
雑になることもあるから
   伝わらない事が多いのも 私の責任

常に謝り
常に感謝し
常に反省し
 ・・・
一人一人の使い捨ての秘書であれ・・・とは思うが
   凡人の私は徹しきれない

やらなければならない事が たくさんありすぎて
  焦りが・・・・
時間が欲しい


夜中の2時のひとりごと

120413_1184.jpg

遺族ではない人たちの相談も受けてきたが、
 心が持たない 身体も持たない
命の消耗が激しい

  この時間までメールのやり取りが続く
  電話で話したほうがいいのだが
    あちら側が
電話は疲れるという事で メールがほとんど
しかし 代理人がメールだけでは務まらない
しかも 本人ではなく
  本人の代理の代理が 代理人の私を通して
   事務局に伝えるように依頼される
    メールでは伝わらないことも多い
行き違いも多い
 時間もかかる
 8時からのやり取りで 今もうすぐ2時  6時間経過

 疲れがピークで 眠れない

代理人を辞退したいが 知り合いの先生たちを委員として依頼したのが私なので
   途中でやめられない
遺族の代理人も務めているが
   常識ある行動や言動なので
   夜中まで メールでやり取りすることはない
 夜中の3時とかにメールが届くこともない

しかし この人は
   何時でもおかまいなし

この人が特別なのかもしれないが
   疲れる

遺族ではない人の代理人は 今回で終わりにするつもり
 
 他の活動にも支障がでている

本末転倒
      
愚痴りたい気分の夜中の2時


   images.jpg

9月のカンファレンス開催に向けて

cover-image-IMG_2324.jpg

昨日は、7時台の新幹線で東京
  丸の内南口で待ち合わせ
東京ステーションホテルのラウンジで3人でお茶しながら
  話し合い
その後 専修大学神保町キャンパスに行き
  教授と待ち合わせ
   事務局と3人で9月の会場予定の新館を見学
     打ち合わせ
 2時過ぎの新幹線で帰宅
  6時からの 寺岡小学校の調査委員会一部公開に
 遺族とともに代理人として傍聴
  帰宅は10時過ぎ

先週は ハードなスケジュールだった

15日提出予定の
パンフレットの編集が遅れていて
    今日は完成させなければ 印刷が遅れてしまう

9月のカンファレンス開催を危ぶむ人も多い
  が
大学と厚労省の指導に従おうと思っている
コロナ対策は万全に・・・・・・・と
  いう思いは 誰にもある
もちろん
 私にもある
大学側はもっとある

シンポジウムもフォーラムもセミナーも
   人数の制限はしたことがないが
今回は制限する
 体温もはかり
    密にならないように 座る場所も決める(大学の指導)
 マスクも着用

消毒液を含めて 消毒用品はそろえる

私が主催をする集いは
  ほぼ 中止にせずに開催している
会場を貸す側から
   貸すことができないといわれた会だけ中止にしてきた

正しく怖がることが大切だと思っている

 国や地方自治体などは
    おおざっぱな決め方をする それは仕方がない
 でも
 生活をしている人は
   暮らしのための買い物にも出かける
    美容院も行く
銀行にも行く
仏壇がある私は  お花も定期的に買いに行く
 出かけないで 引きこもって毎日は過ごせない

日本は
  コロナ感染者を白い目で見ている気がする
  インフルエンザでの死亡はコロナの死亡よりもはるかに高いのに・・
 
自死者も1か月で1500人以上なのに・・話題にもならない
  
  最初に感染した人の家族が村八分にされた地域さえある
    東京にいる子供に  休みでも実家に来るな!という親たち
 親を心配して
   戻らない子供たち
いつまで  そんな生活をつづけるのかな~

日本だけで10万人死ぬとか
  いってる人もいるが

自死者も実質毎年10万人はいる
  でも 話題にはならない

9月のカンファレンスが
開催になるように  と 
  願い祈っている

お兄ちゃん  よろしくね
(またかよ・・・と 苦笑いする顔が浮かびます)250px-Trigonotis_guilielmii_2.jpg

価値観

imgdb6a83c3zik9zj[1]
 我が家は浄土宗
  「南無阿弥陀仏」と唱える
  わが名を呼べば すべてのものを
  西方極楽浄土に蓮の台に往生させます
      という教え
 南無→帰依する→委ねる
  法然上人の教え
 
宗派によって
浄土はたくさんある
   が  浄土宗は西方極楽浄土という

成仏するのではなく
 往生するという考えが仏教

浄土に往生する
   
 本名で活動をしていると
  いろんな事がある

悪魔のようなオーラを出す人もいる
   吐き気がする言葉を羅列する人もいる

でも
野田先生や平山先生の手紙は
   ぬくもりにあふれている
  愛が言葉にある

記者でも 文章があったかいひとがいる
 
 遺族も あたたかい文章を書く人もいる
    話すときも  ・・・・・・・・

 つらいとき
   悲しいとき  しんどい時
いつも
息子に語り掛ける
   そして
  お経を唱える 無心に・・・

  病的な人たちは  大勢いて
     攻撃する

  息子もつらかったんだろうなぁ‥と思う
  やさしい分 我慢する分
    しんどかったと思う

私は
やさしくないし 我慢しない性格だから
 生きている

 9月のカンファレンスに 参加しますという連絡を
遺族からもらい
   活動していて よかったと思っている
 
価値観の似ている人たちがいてくれたらいい
  遺族も他者も
     この自死の問題に 同じ思いを寄せてくれている人たちが
大勢いることを実感している

 ずっと  長く 変わらず  続くご縁もある
  一年に一度 
価値観が近い人たちと会えることを
支えに 活動をしている

  家族を愛しているから
  今も変わらずthCLO6SNK8.jpg
亡き息子も家族
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR