FC2ブログ

虹を見ると思いだす

DSC_0061.jpg

息子が逝った日は 雪が舞って寒かった
    満月の日
虹が毎日でていた

 今日は あたたかく おだやかな日だった
    次男は仕事を抜け出してお墓参りに行ったようです

   昨年は仕事帰りの夜に行き
 帰った時・・・いや~泣かないと思っていたんだけどさ
   涙が出て止まらなかったよ・・・と当時42歳の次男は言った

    親だけでなく 兄弟も悲しんだなぁ・・と改めて思った

   私の苦しみは 私と息子の間にある
     次男の苦しみは次男と長男の間にある
 家族でも それぞれに
      悲しみや苦しみを抱えている


  あの時の息子の顔を思い出す
      13年前の今日の今の時間
            私は友人と長町でランチとおしゃべりを楽しみ
       6時ころに帰宅する道すがら
  満月の月が東に見えて
友人が「女は月をあまり見ないほうがいいらしいわよ」
   「悪いことが起きるんだって」などと
  たわいない話をしながら のんきに家に帰った
息子が死んでいる事も知らずに
  仕事の合間の休日を楽しんでいた

  
まさか 朝に亡くなっている事も知らず

  いつもは絶対に食べない「ステーキ」なんて食べて
 友人に「珍しいね いつも食べないのに」と言われて・・・

   息子は肉が大好きだった
       私を通して 息子は肉を食べたのだろうか・・なんて
         しばらくして思った
あれ以来
 もちろんステーキは食べていない
       
   ステーキなんて 食べたことがないんですから あの日のランチだけ・・
     食べたくて食べたくて たまらなく食べたかった

    不思議な体験

直感を信じて 行動していたら
   息子は生きていた・・・

愚かな私は 直観を否定した

     なんて愚かな母なのだろう

あれから 出来るだけ直感を信じようと思っている

 頭をよぎる言葉・・・

    フッと思う胸騒ぎ

      人間に備わった微々たる 予知能力

       早とちりでもいいから
   事前に
   行動しようと決めている

 取り返しのつかない 結果を迎えないように

お兄ちゃん
     ごめんねSYAT-015-m.jpg
スポンサーサイト

悲しみと精神薬

6ff05701683620dfda07209339aeae75-480x320.jpg

  精神薬を飲むなとは言いません

 でも  飲んで治ってきていますか?
   飲む前よりも 気持ちが楽ですか?
 悲しみは薄くなりましたか?

 記憶は薄れていますか?

      少しでも 楽になりたくて  精神薬を飲み始めたんですよね

    楽になっていますか?
    
  楽になっている人は 飲み続けたらいいと思います
   ただ 楽になっていない人は
      もう一度よく考えてみてください
 
本来人間には治癒力があるのです
 オブラートをはがすように すこ~~~し ずつ

時間が 生きる本能を呼び戻してくれます
  生きるという人間に備わっている煩悩のひとつに
      身を委ねることも
         太古からの人間の知恵

悲しみの河に心を任せ
    自然に ありのままに ・・・

悲しい時は悲しいままに
 苦しい時は苦しいままに

   埋めようがない  大きな穴が心に空いてしまったのです

    深く物事を考えすぎると ネガティブになっていきます

     天才でもない
  凡人の私たちの頭では 毎日寝ないで考えても
      答えは見つかりません

   凡人は凡人なりに
         苦しみ 悲しみ 悩み・・・
            単純に生きる事

    幸せを取り戻すクスリはありません

      精神薬は 麻薬の一つです

     合法的麻薬です

       なぜか・・やめられない・・

やめたらどうなるのか不安でやめられない

     飲んでも 不安なのに・・・やめたらもっと不安になるのでは・・と

  でも 飲んだ時と変わらない悲しみと不安があるなら
    なぜ飲んでいるのでしょう

   でも・・・
     飲んでいるから この程度の悪化だけど  飲まないともっと悪化していると思う

    そんなことを 考える人は
  もはや 精神薬への依存になりかかっています


 時間は必要です
   永遠に今の苦しみと悲しみが続くわけではないのです

    楽になる・・というと語弊があるけど

 普通に暮らせるようにはなります

     悲しみと共に 生きられるように なります

泣いたり 泣いたり たまに笑ったり
 苦しんだり 苦しんだり ために お風呂に入ってホッとしたり

  それが人生・・・夕焼け
かな

誰?

20120618173405.jpg

今朝7時過ぎにお寺さんの敷地にあるお墓に行ってきた
  数日過ぎた白い菊が一本両側の花立に入っていた
    赤紫の線香も半分燃えずに残っていた

いつも来てくれる同僚は缶コーヒーとタバコだから
   彼ではない

   命日に来ないで あえて前に来る人は?

   息子が逝き 10日
  その後 会ったこともない 嫁?(元) 孫?

    遺骨も位牌もいりません!と  怒鳴った人

   あれから13年が過ぎた
        孫は多分 16才を過ぎたはず

   死んだ息子は 自分の娘には会いに行っている・・と思う

      自分も親だから よくわかる

今日は命日
    今から 仏壇のお花をかえて
           白玉団子を作り
 息子の好きなケーキを供え
     ブラックコーヒーを入れて

  お経でもとなえようと思う

    今年は大奮発して
 お墓の花立に 入りきれないほどの花を供えてきた

   今日は息子と共に 一日過ごしたい静かに・・・

  昨夜は いじめ自死の調査委員会
     行政が常設している委員会の委員たちは  ひどい

   教育委員会も学校も認めている事案でさえ
      いじめではないと委員会で覆したいようです

    特性のある子だから・・・
  勘違いした・・・のでは・・・
    
中でもひどいのは
   元児童相談所所長  委員長も酷い・・弁護士もひどいけど

   いじめられていると先生に言いながら
  次の日また遊んでいる・・・ 
  だから いじめを気にしていなかった

   そして いじめられても 態度を改めないのはなぜか?
(いじめられている子どもが態度を改めず またいじめっ子に近づくのは・・・なぜか・・という意味らしい)
   
    仲間外れになりたくない気持ちで笑っているけど
 
    毎日 朝から晩まで くさい キモイ 顔が悪い スカンク バカ あっちに行け
     頭が悪い  日本語も読めないくせに

        そんなことを言われていたら
            3歳の子どもだって 傷つく

   それを 大人たちは
      いじめられているっていいながら
         ヘラヘラ笑っているんだから

 いじめられているって 言っているのが 本気ではなく
     ただ 言っているだけに過ぎない

 という 捉え方をしている

     やさしさも 繊細さも 思いやりも
  ゼロである

    こんな人たちを常任の調査委員にしている行政

  あえて こんな 血も涙もない人たちを委員としているのかもしれないが
  最悪である

 お兄ちゃんは
  やさしくて死んだ
       やさしい心の人は追い込まれて死んで逝く

  嘘つきとずる賢い人が幸せに生きる社会

    狐とタヌキの化かし合いの世の中

      イヤダナァ~

コーヒーでも 入れて
  お兄ちゃんと飲もう  ひとやすみF1000052.jpg


 

11月16日 命日

20120526075158.jpg
明日11月16日は命日
 13回目の命日
推測 朝の7時
満月だった
2005年11月16日


15年前の写真
 息子健一と孫娘希実

 息子が死んでからあったことはない

住んでいる家は 息子のいのちの金で買った二世帯住宅
(両親と元嫁と孫と兄が住んでいるはず)

いつもは夫と次男と私でお墓参り
昨年は夫と私
  夜仕事帰りに次男
***泣かないと思って 仕事帰りにお墓参りにいって
   お線香たててお花を供えたら
  涙がでて 止まらなかったよ・・・
  と 昨年 次男は夜に言った

今年は夫が仕事が忙しく
  明日の朝早くに お墓参りに行く
今日、お花を買ってきた

 次男は多分仕事帰りに お墓参りをするのだろう・・とおもう

 恋人のように仲良しだった兄弟
 兄が結婚するとき
 「おれ 振られちゃったよ」と おちゃらけていた次男

  15日は いじめ自死の調査委員会だった

    仙台市の常設の委員会の委員たち4人

   血も涙も通っていない・・・人達・・・

    仙台市にどのような恩義があるのか わからないが
      第三者委員会なのに
  仙台市の事務局の顔色を伺い
   部長・・どうですか?なんて 会議で ごますりをしている

   仙台市の職員に気を使い
  市民の反感を買い
      普通の市民になった時
仙台市は助けてくれるのだろうか

少なくとも  私は 彼らを人間として最低だと・・・思う

 14歳の子どもが 死んでいるのに
  何の理由もなく 死んだという理屈をいうやつらは やさしさの欠片もない

   いじめがあっても 次の日 笑っているんだから
   いじめだと 感じないこどもですよ・・・・という委員

       鈍い子供なんですよ…という委員

   教育委員会がいじめと認めても
      委員会は認めないという委員

      死んだ子供がいじめられていると何十回も訴えても
            大げさに感じているだけ
           たまたまその時感じただけで
 次の日は感じていないんだから
  いじめではないという委員

   最低だ!!!!!
   最低の大人たち

 これでは 感性の鋭い子供は死ぬかな・・・
       耐えられないと思う

    死んだ人が 祟れたらいいのに
  祟る力があったらいいのに
       呪い殺す力があったらいいのに

      死人に泥をかける人があまりにも多い

       家族が死んだらわかる・・・よ
死んだら・・・
         呪いたい

いや~~~~~な 気持ちの今夜です20120615164626[1]
   

活動は楽しいことではない

engei_121874.jpg

  自死のシンポジウム(過労自死も含む)で
      「楽しい」「すばらしい」「ステキ!」
  プロの音楽家を呼んで歌ってもらい
     腰を振り振り リズムを取って
    ルンルン気分で (^_^)vサイン

      よさこい踊りや落語・・・ミニ演劇と踊り(岸壁の母等)
映画鑑賞・・・・・・・
  
なんでそんなの楽しいの? わからない

   死んでるんだよ・・・

通夜のようにふるまって・・とは言わないけど

   自死の問題のシンポジウムだから・・・

   何を讃えてるの?
  自分たちの活動がすばらしい!という意味なのかな?

   家族の自死があっての活動
      楽しいことではない
   
シドニーの会議の雰囲気のほうが亡き人との活動

  亡き人と共にある活動
   自死した家族がいての活動
        自死した家族がいなければ 私は活動はしない

  息子の死があっての活動
     楽しくはない

    息子が死んで楽しもうとも思っていない

   活動が虚しくなる時  深く傷ついたとき
       常に 息子の死んだときを思い出す
   
   胸が苦しく 締め付けられ 涙があふれ
 叫ぶほど 大声で泣く

   つらくて辛くて 悲しくてかなしくて・・・

そこが原点
  「そうだ!息子に比べたら マシ!」親だから頑張らなきゃ!と奮い立たせる

     息子が逝った時 私は57歳 息子は34歳
その時点で 息子よりも23年長く生きている
    買い物も息子よりは十分楽しんだ
      女としても息子よりは十分楽しんだ
息子は 私よりも23年早く死んだ
  その分 男として楽しんでない
      人間として楽しんでない 買い物も 旅行もおしゃれも

 私は息子よりは十分楽しんだ
   これ以上 何を楽しむのか・・・・楽しむ必要がない
  親が子どもよりも
    楽しんで何の意味があるのか・・・

だから・・・といって
    世捨て人のように暮らしているわけではない

 美容院にも行く
     お風呂にも入る
           下着や靴下も買う
 たまには ワンピースも買う

    美味しい魚も選んで買う

お寿司も食べる 焼き肉も食べる

 ビールだって飲む

    こうして  ブログも書く

  十分 自分に甘くいきている

 お兄ちゃん 甘々な カァチャンでごめんm(__)mimages7A4T5CA6.jpg