FC2ブログ

悲しみは精神薬を飲んでもなくなりません

o0640042613969167970.jpg

妻と娘二人を同時に亡くした遺族
   妻と息子と同時に亡くした遺族
娘と孫と亡くした遺族・・・・・
 父と母を同時に亡くした人
    息子二人と夫を亡くした人
 いろんな遺族がいる
    私とつながったこの人たち
   精神薬は飲んでいない
     一人っ子を亡くした人も多いが
 私とリアルに会った遺族がクスリを飲んでいても
    やめるように勧めてきた
 ほとんどの人はやめる・・または飲まない

 飲んでも 楽にはならない事に納得したら
    飲む意味がなくなる
 クスリには必ず副作用がある
   副作用のないクスリはない

  楽になるなら 飲んだほうがいいと思うが
    精神薬を飲み続けた遺族は 後追いも多く
       とても 楽になっているとは思えない
 
   精神薬の怖さを知っているようで  きちんとは知らない人が多いように思う
15年・20年・30年 飲んで
   ドンドン 悪化するって・・・・その薬は・・・・・
      少しずつ 身体を心を不調に導く 毒薬?

   悪化するくらいなら  飲まないほうがいい

   精神薬を飲み続けて
 元気に幸せになった人を私はあまり知らない

   毎日のように 精神科に通う人からの電話を受けるが
     (精神障がいの手帳を持ち 障がい者年金を受けている人もいる)
   主治医には何にも言わず 言いなり・・・
 苦しい時は 主治医ではなく ケアマネでもなく 
      保健師でもなく
       カウンセラーでもなく
   相談電話に 次々とかけているらしい

   どうして専門家に相談しないのだろうか

主治医に相談したら?というと
ほとんどの人は 言うと怒られるから・・・という

  治らなくて苦しみがあることを 主治医に告げるのは普通の事
    苦しいから不安定だから 主治医に従い薬を飲んでいるはずなのに
 どうして
  飲んでも飲んでも  いい時もあるが 苦しみがある事を言わないのか・・
怒られるから・・・って
  もうその時点で その医師は医師ではない

   医師は患者を怒ってはいけない
   金を払い お客さんなのに なんで怒られなければならないのか・・・

   精神科医は完全に患者を下に見ている

   他の診療科の医師が 患者を怒ったら
    もう二度と そこにはその人はいかないし
  うわさが広がる

    精神科に通う患者にこそ 怒ってはいけないはず

    精神科の看護師も 他の診療科に比較したら
      患者を蔑んでいる

  保健所の精神保健福祉士も 
    差別的発言が多い
       何度も聞いた ひどい内容を・・・

   息子が逝き
    精神科に行き 薬も飲んだ

だからこそ
    二度と精神科にはいかないと決めている
  精神科医も相当数知り合いがいる
   が 絶対に行かないと決めている

   息子も精神薬を飲んでいたのに 死んだ
     飲まないでいたら
 もしかして
死への恐怖心が勝ち  生きていた可能性が高い
  
    遺族になってから 精神薬を飲むようになった人は やめられる

   悲しみや苦しみやさみしさを
  精神薬ではなく
  別の方法で ごまかす方法を見つける事

いろんな方法があるが
  自分なりの ごまかし方を見つけるための努力のほうが
  副作用がなく
    元気になれる

今日もまた  精神科に入院して 悪化し続けている家族からの相談があった

精神科医の後始末をしている気がして
   嫌になる
精神科医は有料で薬を出すだけ
  愚痴を聞き
     少しでも患者が幸せに生きる術を 無料で必死に模索し伝える
    自分の命が削られていくよう
いのちが削られていく量が
   幸せな人よりも多い遺族の私は
      精神医療の相談で加速されている

   夫から セーブするようにいつも言われている

 クスリはを飲むのか飲まないのか・・を決めるのは本人
  入院していても拒否はできる
  通院ならなおさら拒否ができる

 治療方法を決めるのは医師ではなく本人

   無理矢理 飲ませられない

 無理矢理飲ませて当然と思っているのは
   精神科の閉鎖病棟
 人権無視

   ガンの治療方法も本人が選べる
    
精神科も選べるんです本当は・・・
 選ばないだけ
医師に逆らえないだけ

  遺族の悲しみは精神病ではない
 悲しいだけ
 大切な人がなくなって悲しいのは人間として当たり前のこと

 遺族の悲しみが精神病だと主張する遺族もいますが
   本人が思うなら
       否定はしませんが
 残念です
    それなら
   世界中の生きている人たちは全員精神病です
     全員遺族ですから・・・自死ではなくても
  遺族ですから・・・
今を生きている人は・・・oxalis4.jpg
  
      
スポンサーサイト



昨日は息子の命日

IMG_9110.jpg

昨日は健一の命日
 お墓参りに行き
    午後は寺岡小学校の第三者調査委員会があり、遺族の○○さんと
      夜の7時半まで一緒に・・・
夜帰宅後に
 仏壇に向かい……・当時を思う
  
   命日は静かに過ごしたいと思い14年…今年はそうはできなかった・・が 
        少しでも お役にたてたら・・・息子も「ん、いいよ」と言ってくれた気がする
   今日は どこにもでかけず
          家で過ごした
   家事もまたやることが山のようにあり
     ついつい
    あれもこれも…気になり
一日は早い
  掃除も洗濯も 日頃行き届かないところに目がいき
    一日中動いてしまう

ラジオや音楽を聴きながら
   20120905172847.jpg
息子が逝き
 14年
   生きていたら48歳
私は70歳を超えた
  私たち家族は息子の自死を隠そうと思ったことはなく
   普通に伝え 暮らしてきた
 自死だから・・・ではなく
    彼が死んだことが悲しい
彼の死がくるしい
  
   でも 元気で生きている
 22日金曜日は東京でシンポジウム
   23日は東京で円卓会議
24日は藍の会
28日はつむぎの会
30日は盛岡循環の会
来月は3日は東京研究会
 7日講演会
 8日シンポジウム
 13日は徳島 
   20日はみやぎの萩ネットワークの研修会 21日は藍の会
      22日はセミナー
他のサロンに茶話会もある・・・
     
   1月は沖縄
・・・・
   ・・・・
 悲しみと共に生きるしかない
   7123z375l1n6b2h2j2f7[1]

みんな悲しい

134418550_th.jpg

一人っ子を亡くされた遺族から
    いろいろ言われそうですが
 44歳の 次男が昨夜
  「3人しかいないんだから ・・・・・二人とも愛してるよ」 
            「とうちゃんもカアチャンも 愛してるよ」
   と
  酔っぱらいながら・・・

お兄ちゃんの命日
  仕事帰りにお墓参りに行き
     昨年は
「俺 泣かないと思っていたんだけど 涙が止まらなかった・・・とまらないんだ」と。

  お兄ちゃんとは恋人のように仲良しだった次男
   
 お兄ちゃんを見て・・・・
   結婚はしないと決めている様

   夫も長男も次男も
     家族が大好きだった
   家庭という空間が大好き

   11月16日が命日

11月は大きな虹が頻繁に見える季節(仙台)
  今日も朝から 二重のにじ
  いまも 大きな虹が窓から見える

 生きていてほしかった

   歳を重ねるということは 人との別れが多くなる

育ての両親も
 血縁のある両親も  夫の両親も

叔父叔母・・・従妹・・・近所の人たち
    友人知人
 夫の兄
    数え切れない人たちがこの世を去って逝った
 ・・・・・・・・
   でも
   胸が張り裂けそうなほどの悲しみはおにいちゃんだけ

 父も母も ごめんなさい
   かなしみはあるけど
      ごめんなさい
 
 お兄ちゃんといのちの交換ができるなら
     かわりたい

 次男には
   少しでも長く幸せで生きてほしいと・・・

 そのためにも  元気で明るく
       過ごそうと思う

  悲しみを抱えたまま・・・・


       

11月22日 午後3時 衆議院第2議員会館シンポジウム  参加費無料

6da14307a6ca64ec709ac14bd67da655.jpg

 2006年7月から
   2019年10月の今でも
毎月「藍の会」にコーヒー・お茶を届けてくれる人がいる

  最初の頃は大切な人を自死で亡くした人という括りだったので
   その人は友人を2人亡くされたという立場で参加
     それから「藍の会」は遺族限定という事にしたので
その人はわかちあいには参加できない
   それを理解しながら
  毎月 欠かさず 届けてくれる
   頭が下がる
      目立とうという気持ちがその人には感じられない
謙虚な人

いろんな人たちに 支えられている事を思う

yuri.jpg
11月22日
 午後3時~6時 衆議院第2議員会館1階多目的会議室
基調講演
 佐々木央さん
     共同通信編集委員 
中原のり子さん
     小児科医の夫を過労自死で亡くした
中川さん
     仙台市館中の子供をいじめ自死で亡くした
弁護士4人
大熊弁護士・細川弁護士・和泉弁護士・甲斐田弁護士からの報告と展望

12月には徳島・・・1月は那覇・・・3月は郡山
  それぞれ弁護士が2名

1人でも多くの皆さんに関心を寄せてほしいと願っています。

セルフヘルプサポーターという存在



 最近はシンポジウムや講演会 フォーラムを主催していることが多い
   この間の岡山市での日本いのちの電話連盟の国際会議で
            久しぶりに講演をさせてもらった
     分科会の主催も兼ねて・・・でしたが・・・

 日本いのちの電話連盟の理事長の堀井先生は気さくな方で
     ・・・・・・平山正実先生と雰囲気が似ていて
                支援という事を心得ていらっしゃる事にお人柄を感じ尊敬するお一人です。
  
(故) 平山正実先生も尊敬しているお一人です。

   上智大学の岡先生も尊敬するお一人

  セルフヘルプグループとセルフヘルプサポーター

  当事者が当事者同士で活動をしている事に必要な支援を手伝う支援者
   
  公共施設の会場の確保のための様々なお手伝い
     補助金申請のための書類のお手伝い
   該当する助成金を探してくれたり
     申請書の書き方の指導
  お茶やお菓子を買ってきてくれたり
   ホームページ等で広報をしてもらえたら・・・
また
  運営の悩みなども聞いてくれたり・・・
   
しかし
多くの支援者は
   自分が中心の支援だから
    当事者の活動の支援をしてくれる人は少ない
 
裏方の活動だから
 目立たないのが欠点

目立たないけど

もっと 活動の支援をしてくれる人たちがいてくれたら
    
  助かることがいっぱいあるのになぁ~と  思う事が最近多くなってきた

   疲れてきたのかもしれない

   んんんんんんんん  頑張る!!!!!
頑張るしかない!!!!!
     やるしかない
 
 自死をゼロにするためにも・・・
    自死遺族が元気に生きていくためにも・・・

自死遺族が特別な目で見られないためにも・・・

    自死という事を隠さずにいられるためにも・・・・

自死遺族の個人情報が犯罪者よりも 簡単に集められないように・・・

   遺族の個人情報が警察庁から
      これから厚生労働大臣が指定する
  一般社団法人に集約されないように・・・・

    財源も情報もひとつの民間団体に集められる事のないように・・・

       頑張るしかない

息子が逝き 人生の全てを自死の問題に注いできた
 が
 力不足を痛感した14年間

    癒したい人たちが多い社会においては
      癒したい人たちの活動が認められる

必然である

      いつのまに こんなに 
 中身のない世の中になってしまったのか・・・

残念で・・・かなしい
 夫が今朝
    こんな世の中 長生きしても仕方ないなぁ・・・と

・・・・・・sui-toaxtusamu.jpg

  私も時々そう思うから 否定はしなかった

でも
今日も元気に生きています
20120522202408.jpg
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR