いじめと体罰と嘘

b0122448_18351046.jpg

昨日は 宮城県議会議員たちといじめで子供を亡くしたお父さんたちとの話合い
  簡単な要望書も提出
6月の議会に向けて・・・

3人目の犠牲者が出ても尚隠ぺい体質は変わらず
  12日の市会議員の委員会で教育委員会が配布した資料には
   8回もの{SOS]が記載されていた
      そのうち半分は保護者には連絡もしていない
   いじめた子供たちへの保護者にも全く報告していないことが判明

そして昨日  教師2名が体罰を加えていた

  頻繁に頭をたたいたり  ガムテープで口をふさいで授業を受けさせたリ・・

     どんなに苦しかったかと思うと  胸がつまりそうで 痛くて
         中学生が3人死んでも  大人たちは対面ばかりを気にして
    なんとか
       子どものせい・・・にして  なんとか親のせいにしようと必死

     何人の子供たちが死ねば 反省してくれるのだろうか

       殺人者だと言っているのではない
          力不足と 間違いを認め いじめや体罰を認め 反省し
いじめはしない
いじめない
いじめは悪いことだと教え 
いじめのない学校作りを目指すことを亡くなった子供に誓ってほしい
   申し訳なかったと 亡き子供に謝罪してほしい
遺族が求めているのはそれだけ

難しいことだろうか

    いじめていいのだろうか

 注意をすることと  怒ることは違う
    怒ってしまった時はフォローが必要

   教師が子どもたちを差別し   いじめている

   それを見ている子供たちは この子の事はいじめてもいいんだと思い込む

    今回 体罰の事を告発した 子どもとその保護者の勇気と良心に感謝です

  ずっと毎日 クラスメートから集団でいじめられ
     教師からもいじめられ
   肩を怪我したり
   手首を骨折したり
  ズボンを下げられたリ

それでも 親には心配かけないように毎日学校に行っていた


    つらかったろうなぁ

3人の遺族と協力して 仙台市・宮城県から 子どもの自死は出さないように
      頑張らなければ・・と・・・

今年は息子の13回忌
      初心に戻り 頑張りたいと・・・

    
スポンサーサイト

いじめ自死で亡くなった子供を個性的という言葉で侮辱している教師たち(仙台市)

E383A6E382ADE383A4E3838AE382AE110328.jpg

仙台で3人目のいじめ自死
    どうしても なんとしても なにをしても 動かない仙台市の教育機関

   いじめに対して 全く無知な教育機関

  というより  関心がない

     のんきになんとかなると思っている場合ではなくなった

    遺族とつながり  バタバタと動き

 ブログに向かい時間がなかった

    今日はこれから 東京

      日本いのちの電話の斎藤先生と会う

 1万4千件のいじめのほとんどは自分で解決している
    ~~~
    遠回しに 教育長は言っている

    自死する子供は 弱い・・・特殊だ・・と

    市議会議員の委員会でも 教育関係者は同じことを言っていた

     時々 建前で  言葉が見つかりません とか
                 なくなった子供さんをお悔やみもうしあげます・・とかいうけど

  全体的な言葉・・・答弁は

   個性的な子供・・・個性的な子供・・・と

    子供の個性に問題があったと言っている

     個性的だから 個性のない正常な子供が正しいと思い込んでいる

  からかいであっていじめではない・・と

     個性的な子供だから  からかいをいじめだと訴えていた・・と

  ケガを2度もして
      いじめられてると 泣いて訴えても
個性的な子供が勘違いしている・・と

   偏見と差別です 個性に対して・・・

      教育者たちが 子供の個性を個性としてとらえることができない現実

      個性のない正常な子供ってなんでしょうか

 個性のない正常な子供たちが  けがをさせて 集団でいじめているのに

     いじめが正常な子供のすることでしょうか

  先生たちの感覚がずれている気がします

           

想像性に欠けるいじめの対策

070424-4.jpg


生徒がいじめられた

   いじめた生徒といじめられた生徒を同席させて
      指導したから
         いじめが行われない・・・と信じていた

    そんな弁解を仙台市の教育委員会はしている

 アホとしか言いようがない

   いじめる生徒が その程度でいじめをやめるわけがない

   チクった・・・ということで  更に陰湿に いじめが行われる

   相談したことで 更にいじめがエスカレートし、いじめがひどくなると
       二度は相談しない
    また相談したら  今よりももっとひどくいじめられる・・と思うから

      どうして  そんなことにきがつかないのだろう

    教師・・・教育委員会の人たちの多くは  いじめられた経験のないエリートなのではないのだろうか

       いじめというものを知らない教育関係者たち

         今もあるようだが  昔の昔
いじめが発覚すると

  「みんな目をつむって」
    「さぁいじめた人は手をあげて」と教室や講堂で教師がいう

       想像してみて下さい

誰が手をあげるでしょうか・・・

  薄目をあけて 見ているかもしれない  中で  正直に手をあげるくらいなら
  いじめていません

   いじめをする子供が  正直ものだと信じているのが不思議

正直に手をあげる   ような  いい人なら
   いじめはしていません

   もっと いじめる側の心理
       犯罪者の心理

     ウソを言う心理   人間の心理

      いじめられている子供の恐怖心・・を  学ぶべきです

  いじめの皆無な 集団はあり得ません

  集団ある所に  必ずいじめはあるのです

  それが  人間です

        宗教者でも・・・いじめはあるのですから

     SOSの出し方教育に力を入れると国は言っていますが

 これを強く推進した 自死の対策団体と議員連盟・・・

    SOSを出しても その後の対応が今のままだと
        チクった・・ということで  更に暗闇の中でいじめは陰湿になるだけです

      どうして 当事者の声が届かない対策や指導になるのかが不思議です

         当事者が  支援者よりも  当事者のことを知っているのが普通です

 当事者よりも  支援する側が当事者の問題を知っている・・というのは錯覚です

      大きな間違いです

     病気の仕組みや治療に関しては 患者よりも医師が知識があるでしょう
      しかし
      他の多くは 体験した当事者本人を超える人はいません

 体験した人の話をまとめる人はいるでしょうが
      まとめるだけで 経験はない
痛みがないのです

しかも  想像力不足の人が多い

     立体的に 総合的に 物事をとらえる力

     いじめやパワハラなどの対策  自死の対策には

  それが大切です 

なぜ?

中学生の自死



また 中学生が亡くなった

   2年間で仙台市立中学校で3人自死
       教育委員長の責任は問わず  相変わらずの答弁を続け
              学校には責任はない・・・
     死んだ子供と家族の責任~にしようと必死になっている仙台市

     自死の予防と防止の対策をたてるとき
      一番身近な遺族の声を聞こうとしない

     今なら救える
  こうしたら救えたと思う
    後悔と自責の念からうまれる  自死を防ぐ方法
 それを
まず 聞くこと・・・
そこから
   予防と防止の対策が見えてくるはず

なのに  聞こうとしない

    遺族の要望を全て実現してほしい・・というのではない

    遺族支援という対策でさえ
      遺族以外の人の話を聞いて 遺族支援とはこうあるべきだ・・と言っているんだから

       あきれてしまう

  自死の予防や防止を仕事としている人たちは
     減りすぎては困るのかな・・・

   仕事がなくなると 失業してしまうんだものね

       適度に減り 適度に増える・・その方が需要があるんだよねきっと

  自死のビジネス

    吐き気がしてくる・・a00757.jpg